読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

◆創る 2006

「コインの使者」を読んだ

by 伊藤キム /かれの公式サイトの「キムは今」の一節7ヶ月をかけて、ぐるりと地球を1周してきたダンサーの伊藤キムさんの旅日記の中に、トルコでのエピソードが追加されていた。かれに何が起こったのか、説明がつかない。異国での日々といくつもの因果関係…

「カモメに飛ぶことを教えた猫」を読んだ

by ルイス・セプルベダ 河野万里子 /白水社あげんのオススメ度 ☆☆☆★★ (あなたが猫or海鳥好きだったら☆☆☆☆☆)友人によく「泣くことを目的に本を読むな」と言われるけれど、このタイトルと表紙を選んだ時点で、わたしは ピュアな感動/人間だって捨てたもん…

「又蔵の火」を読んだ

by 藤沢周平 /文春文庫あげんのオススメ度 ☆☆☆★★何がズルイって、昔からある本を「新装版」って銘打って「今月の新刊」扱いにして、本屋で平積みにしてあれば、読むつもりなくてもつい手にとって、買わされちゃうってこと。わたしの本棚にはこれから読みたい…

アマチュア主義

美大に入った頃(18歳)からか、絶対になりたくないものが 芸術家/アーティスト だった。では何になりたかったか? プロのクリエーター/職人 (そして人間としても、プロに)を目指そうと思った。この言葉の選び方は、わたしの価値観から説明しなければ、…

「七番目のユニコーン」を読んだ

by ケリー・ジョーンズ 松井みどり 文春文庫あげんのオススメ度 ☆☆☆★★「ダ・ヴィンチ・コード」系列の本です。中世タペストリーにまつわる甘ったるいミステリー。うーん、それともハーレクイン・ロマンス系列といったほうがいいのかな。何度も、「たいがいに…

「あなたに不利な証拠として」を読んだ

by ローリー・リン・ドラモンド 駒月雅子 /早川書房 ハヤカワ・ミステリ「ANYTHING YOU SAY CAN AND WILL BE USED AGAINST YOU」 by LAURIE LYNN DRUMMOND / HAPPER CILLINS PUBLISHERSあげんのオススメ度 ☆☆☆☆★最初から、別の話を。ずっと以前、深夜TVで…

差別しない という 差別

(今日の出来事 / 駅の売店で、新聞を買う。携帯の待ちうけ画面を変える)きのう作文しながら、「らい」という字を眺め、その後ろに秘められているであろう社会の暗さを考える。けっして、軽はずみな発言はできない。それを前提に……。それから劇作家には社…

「らい王のテラス」を読む

戯曲本も絶版だろうし、再演もほぼありえない舞台をコメントするというのも妙なのですが。わたしの芝居の原点はここにあったのか! と、先日発見。あきれるというか、うれしいというか、これで今後、自分が劇作するうえで、わたしの原点はこれなのよっと居直…