読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

会社をやめました♪

事件でした

夕べ、会社でパニック障害が再発。
手足が冷たくなり、呼吸がおかしくなる。 
周囲は気付かないのか、遠巻きだったのか。

今日の午前中、作業が一段落したので社長に相談に行く。
説明の入り口、5分も立たないうちに
「気に入らないのならやめろ」と怒鳴られました。
ついでに神経症については
「そんな女学生みたいなことをごちゃごちゃ抜かしやがって」と。

そうですか(ため息)。 
「なんだ、その態度は!」
わかりました。
(ストーカーまがいのこと話してないけど、もういいや)

一旦、工房に戻り、工房部長に告げ、
でも再びドアを叩いて
このままだと工房が混乱しますから、一週間くらいは作業してから……。
「とっとと帰れ!」
はーい。

こっちもキレました。

私物を段ボールに投げ込んで
(ショーウィンドウで使っている備品は、ほぼわたしの私物)
コンビニから自宅に発送。
カラープリンター(会社の準備がないのでこれも私物)やデジカメ、加工機周囲の整理棚。
段ボールに入らないし、ま、いいか。

細かい作業を始末し、引継ぎ。
大きな作業は、できなくてごめんね、あとは社長と相談してね、と。

その間、他のスタッフは内心はどうであれ、通常のまま。
ふーん。 
これだけ一緒に過ごしてきたのに、友だち甲斐(?)もない。

 

数年前から、いつでもやめられる下準備はしていた。
からだを壊しかけて、このままでは工房に殺される!と思ったし、
他所にはない技術、サービスの工房を立ち上げ、育てることは楽しかったけれど、本当にやりたいこととは言いがたいし。
あと、父が高齢なので、いつ倒れるかわからないわけだし。

で、最後のを理由に、会社に女子をひとり雇用させ、
わたしにしか出来なかった技術とかは一通り、教えた。
だから後腐れない。

それでも作業的には、工房ガールズにはすごい迷惑をかけることはわかっていたけれど、

まあ、どうにかなるでしょ。
あなたたちに、それくらいの実力はある。

ホントにごめんね。
でも最後くらい、迷惑をかけさせてくれ。

 

平日昼間の三軒茶屋に帰ってきたとき、ふぅと大きな息ができた。
街がきらきらしている……。
なりゆきだったけれど、わたしは人間に戻ってきたのか? 
そんな感じ。

地下鉄の中で、不当解雇と神経症への無理解と罵倒について
弁護士に相談したほうがいいのかな?
診断書がいるかな? とか考えていたけれど。

困った。 一瞬にして、病気治っちゃった、かも……。

部屋に戻り、
ホコリの溜まった床や、食器の重なったシンクや、寝乱れたままのこたつ周辺を眺め、

あーあ。 ホントに、人間にかえらなくちゃなあ、と。

 

お風呂に入って、爆睡。  

 

夕方、携帯に部長からメール。
謝るんなら、社長には話をつけてあるから、と。
ありがとう。
そんな本質を無視した事なかれ主義が、いろんな澱を積み重ねていること。
何度説明しても、わかんなかったね。

 

さて。

有給が20日くらいあるはずだから、
1か月くらいは溜まっている本を読んで暮らすかなぁ。
(会社がそういう手続きをしてくれるかはわからないけど)

あとのことはそれから考えよう。
とりあえず、みなさまにご報告を。