読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

バラ

ベランダのバラが育ちすぎている。
こんなに育つと思ってなかったので、困惑している。

昔のSFでよく、放射能のせいで植物の巨大化!なんて設定があったので、内心ビビって調べたら、被曝で成長が止まっても巨大化はないらしい。 ほっ。

実はある日、赤いバラと白いつつじの、花の部分だけが一斉に枯れた。 
水を忘れたからなのだが、ネット上で植物に放射能の影響?と騒がれてた頃だったので、ブログに書くことを自粛。

(無責任に呷る感じがイヤで、なんかブログに書かないことが増えたよな)

さて、去年の12月のベランダ。
2010120111240000_3 

今日のベランダ。 彩りが気に入ったので黄水仙とピンクの花が枯れたあと、
同じ色合いでミニバラを植えたのだが――
白バラは4月頃にはすでに、この拡がりだった。

2011060911170000_2   

先日、趣味で野菜を育てている友人に、写真を見せて話を聞く。
「(爆笑)大変なことになってるねえ」 うん。 そのうち植え替えるよ。

「嘘かホントかわからないけど、植物には競争心があるっていうんだよねぇ」
はぁ?
「野菜によっては、ひとつの穴に種を4つ撒いて、芽が出たら2本を間引くの。 そうすると遺された2本が競争してよく育つっていうんだ」
はあ。
「白いバラも、すぐ隣に他のバラが来たから縄張り意識を持ったとか?」

うーむ。

確かにこの白バラは影響を受けやすいのか、赤と白の二種類しかなかった頃から、
別の鉢だというのに、ところどころにピンクが混じった花 を咲かせてたんだよね。
(こうして書くと、高橋葉介とか夢野久作の世界みたいだな)

で、バラの植え替えどきって、冬?
「確か2月だよ。 これを機にバラの育成に目覚めたら?」

あんた、同じ調子でわたしにでんでんズを押し付けたわよネ。
「押し付けたって、あげんが飼う!って言ったんじゃない」
まあ、バラは。 もう少しかまってあげることにするわ。

もうひとつ。
写真真ん中のピンクのバラだけどね。 買ってきたときの花が終わったら、次のつぼみをつけなかったんだ。 (こっちは萎縮しちゃったってコトか?)
んん。 ガンバレって言ったほうがいいのかな? 
植物は、声をかけると育つっていうものね。
違うな。 
がんばんなくていいんだよ、君は君のペースでゆっくりと。 秋までに咲いてくれればいいよ。

そしたらね、つぼみつけて咲き始めたんだよ。

 

というわけで。 テーブルの上は日々、こんなことになってます。

Cimg1514_2 

Cimg1598