あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

全体の中のひとり

ぼんやりと考えてることを、言葉にできるか書いてみるね。

 

 

40年くらい前に読んだハインラインの『メトセラの子ら』だったと思うんだけど。

 

↓↓ あ。これね。(今、アマゾンレビュー見たけど悪評ばっかだわね。矢野徹さんの訳、読みやすくてわたしは好きだけどねぇ) 

メトセラの子ら

メトセラの子ら

 

 

本を手放して久しいので、うろ覚えなのですが、迫害にあったマイノリティ一族が、ノアの箱舟的に宇宙へ飛び出し、いろいろな星/宇宙人たちと出会いながら、生きる希望を見出すお話です。

(ちなみに読み終わった直後はふーんという感じなのですが、少し時間をおいて感動がこみあげ涙ぐんだのを覚えてます。人間のしたたかさ、あきらめの悪さみたいなものに、ああ、だよねえ、みたいに、あとからキた)

 

で、その中に、ほぼ海って星に住むイルカのような知的生物がいて。生命体としては個の集合なんだけれど、意識・精神は全員で共有してるって設定だったの。

ひとりが得た知識イコール瞬時に全員の知識となる。みたいな。だから意見は即、総和されて、争いは起こらない。

それ、幸せなのかな?とか主人公が問うと、イルカはどうして、これ以上の幸せはないでしょうみたいに、応えてたと思う。(うろ覚えです)

 

40年くらい前、つまり美大生だったわたしには、このイルカたちのあり方は知的生命体としてつまらない、あってほしくないあり方だと感じられた。人間は、外見も中身も、別々だからおもしろいんじゃないの。

でもまあ、テメー勝手な人間がこーなることはありえないか、とすぐに結論した。わけだけどね。

 

 

40年が過ぎて。

 

 

ネットに情報が張り巡らされ、モバイルを手放せないわたしたちの価値観は、限りなくこのイルカたちの意識・精神に似てない?とある日、気づく。

わたしたちはSNSとかで、個としての自分を発信してるつもりだけど、結果として、マジョリティな価値観のすり合わせと確認におぼれてないかな? 似通った個であることを求めて、そうあることに安心したがって、いないかな。

イルカたちのテレパシーに代わるものを、お手軽な機械として「持って」しまった気がするの。

 

ちょっとねえ、ゾッとした。

わたしたちはイルカに近づいているの? それは楽しい進化なのかな? ひとりのオリジナルであることを、ちゃんと大切にしてるかな。

 

 

わたしは。(胸に手をあててみる)

本当に本当に、自分が望む唯一のものに向かっているのだろうか。(でも、それって何?)

大勢に支持されたい考えに流されていないか。ないか? か?(エコー)

 

 

共感・共有というのは、もしかしたら恐ろしい感覚だ。

 

個がすべてに優先されるという考え方は、時代的に、もうありえない。それはね、納得できるの。問題は、その中で、どうするか、だわ。

 

 

 

えー。とりあえず、考えたのはこの辺まで。

 

で。なのでつまり、ブログとかSNSとか止める気はないけれど、それほど熱心でもないのね、今。

そして。書くかどうかわからないのに習慣的に写真を撮る自分は、なんなんだろうかと考えている。うん。書こうとすれば、ブログのネタはたまってるわ。

 

わたしはSNSで、あんまりフォローしてないけど、流れてくる情報は楽しく読んでます。それくらいで充分な量と見切ってる。で、だから、引きこもっていても、まるで孤独を感じない。

 

そのへんもねえ、どうなんだろうなあと思うのよねえ。

『PIPPIN』

f:id:atelier-agen:20190619112023j:plain

40年くらい前かな、初演の舞台をTVで観たのかな、そのときのとはエンディングが違うと知り、「おけぴ」でチケットを譲ってもらい、拝見してきましたよ。


初めはWキャストはビバさん縛りでチケット探してましたが、アフタートーク付きに負けたw え。最初のつもりだったら客席に綾ちゃんいたの?と知り、残念。ただ、わたしが観た回も客席がゴージャスでしたが。


そして中尾ミエさんが素晴らしく、すごかった!

御歳73にて、男子とペアで、空中ブランコ的アクロバットエアリアルフープ)を美しくこなしてらした! きゃー♪

世の中全てのパフォーマーは、もう二度と「無理」「出来ない」なんて言えないわね〜




全編、サーカスアクロバットに溢れてまして、幕開きすぐに全員でパフォーマンスなシーンで、

おぉ「うつしおみ」の愛実ちゃん、そのメイク似合うなぁと見上げてたら、その下では大アクロバットが終わってて、

あーもう、目がいっぱい欲しい!なミュージカルの始まりなのでした。



一番、感動したのはね、クリスタルケイちゃんがステキだった!こと。先だってTVの番宣で見かけたときは、正直、いやいやリーディングプレイヤーってのはなぁとかだったのに。

歌は当然だけど、フォッシーダンスはカッコいいし、舞台をピピンをぐいぐいとリードしていく存在感が素晴らしいし、アクロバットもマスターしてる! けど、努力しました感がない!

終幕あたりのデモーニッシュ感も、ちゃんと怖い! 新しいタイプのミュージカルスターかもしれないですね。


そして、しろたゆーくんは、ピピンにはかっこ良すぎかなと思ってましたが、自然な存在でした。

わたしね、今みたいな好青年方向でなく、かれがハラの中に人間の闇をもっと宿したら、すごいピピンになりそうな予感があるの。でもファンは嫌がりそうかなぁ。



翻訳が素晴らしく生きた日本語で、でもサイト見てもお名まえわかりませんでした。パンフ買えばよかったのかな。


今井さんや宮澤さんがつくりだそうとしてるドライで自然なリズムが、いままでの日本のミュージカルにはない新しさな気がしました。日本語だとわざとらしくなりがちなのに、気持ちよく大笑いできたのですよ。

誰かこの辺、解説して!




さて。以下はストーリーに関する感想なので、ネタバレです。

わたしが引っかかったのは、一幕ラストと二幕ラストでした。(あとは申し分なし〜)




一幕ラスト、えー、その手でパパ殺したんだよ? 明るく拍手喝采の裏側にある迷いや怖さは、なし?


二幕ラスト、えー、ピピンは敗者なの? 家族を選ぶことに輝かしさはないって解釈? スポットライトを浴びる代償としての残酷を、次の世代に押し付けるの?

時代はそこまで、生贄を求めるの?


と、感じました。もっと他のことを感じなきゃいけなかったんだろうな。わたしは、はい、初演の感覚を引きずって観てたんだと思います。




初演の演出は、確か、

服を剥ぎ取られて、ほぼベージュタイツの三人が、背後の白っぽいカーテン以外は何もない舞台で、細々と、やがて朗々と歌い、

明かりが戻り、みんなが戻ってきて、世界が再構築される。みたいな。


ピピンが選んだ生き方に、希望と共感があったと思うの。

今の世の中は、違うものを望んでいるってことなのかしら。



先日、『キネマと恋人』観たときも感じたけど、新しい総合芸術としてのパフォーミングアーツが当たり前になってきてますね。

ということを知る日本人が、実はあまりいないかも?という感触なのですが、どう思う?


人のやさしさ→エイケン→クリムトシーレ

今週は、袖振り合う人たちがみんな、ふんわりとやさしい。気がする。のは、

わたしの中に甘えたいモードがにじんでいるからだろうか。

や、あたりまえな人の在り方が、心弱ったわたしに染み入るだけなのかもしれない。

 

雨の月曜日。の次の火曜日は、

もうひとりの仲良し理事さんと、八王子校舎の校友会倉庫の整理をした。20年分くらいの資料や、素材や道具や、メディアや、その他わけのわかんないものとかを、ざくざくと仕分けする。(この作業。もう何回か、通わないとダメそうだな)

今後の事業についてとか、一日かけてメッチャしゃべった。

 

水曜日

渋谷で友人へのお祝いを選ぶ。デパートのフロア店員さんがチョット感じ悪くて、お祝いの品だしなぁ、河岸を変えるかなぁとか思いつつ、お、ウエッジウッドのエリアでかあいいペアグラスを発見! (贈った友人にも喜んでもらえたデザイン) 

そっちの店員さんはステキな方で、感じのいい対応の末、お買い上げサービスとかのショートブレッドまでいただく。うふふ。

f:id:atelier-agen:20190615222529j:plain

 

最終的に気持ちのいいお買い物ができた次は、献血へ。今度手術する友人への祈念というか。

ねえ普通、血を抜かれているときってほっとかれるじゃない? でもこの日は、担当さんがずっと横に付き添ってくれてて、おしゃべりの花が咲いた。天気の話からはじまって、「もー夕べは掛布団の奪い合いでしたよ」「あら~ 一枚のお布団で寝てるのねぇ」からの、年上なご主人のお話とか。

なので献血があっと言う間に終わる。ちなみに、右手に本チャンの針を刺されたので、事後にいただくアイスクリームは左手スプーンで食べた。案外器用だな、自分。

 

そのあとは桜新町へ。

f:id:atelier-agen:20190615221807j:plain

f:id:atelier-agen:20190615223730j:plain

友人からもらった招待券で、長谷川町子美術館。『エイケン50周年展』

f:id:atelier-agen:20190615223822j:plain

懐かしアニメのオープニングフィルムが、音もなく次々と流れてるモニターの前で、懐かしさ・愛しさに叫びたいのを抑え、うろおぼえの歌を頭の中で一緒に歌い、しばらく座り込む。

カムイってこんなに色っぽかったのねぇ、とか。♪がっぼてんがぼってん♪とか、♪そらんそらんそらーん♪とか。

展示物に、昔のアニメの作業手順をひさしぶりに思い出し、気が遠くなる。すごいよなぁ。ゆっくりとゆっくりと楽しみました!

f:id:atelier-agen:20190615224914j:plain

 

木曜日は病院のボランティア。

コーディネーターさんに、先日の救急病院で「ほえ~???」と感じた入院病棟内の案件について、訊いてみる。はあ、そういうことだったのか。

 

金曜日は、のびのびになってたエゴンシーレ、じゃなくて『ウィーンモダン展』へ。会場はそんなに混んでなかった。

ひとりで行ったんだけれど、行きつ戻りつして鑑賞しながら、他のひとりで来てる人たち何人かと、なんとなーく前後しながら一緒に観ている感覚が残る。不思議。

それでもわたしは、会場を大きく戻ったりするから、結局ひとりになるんだが。

f:id:atelier-agen:20190615231358j:plain

この原画とは、一緒にお写真撮れるゴージャス!

 

クリムトとエゴンシーレのデッサンを、同時に見られたのがうれしかった。先日行ったクリムト展のあと復習して、ふたりが出会ったという年はわかっている。

クリムトの書き散らしたクロッキーをみて、エゴンシーレは触発され、自分の画風をたてたっぽい気がするし。(クリムトはそのクロッキーを作品にはつなげていっていない)

でも晩年のクリムトは、シーレに影響されてる気がする。クロッキーの線の質が変わってきてる。

弟子の画風に引きずられるって、男子にとってどんな心持ちなんだか。

 

で。妄想の域をでませんが、

純粋なリスペクトからの毒のある言い合いとか、が聞こえてきそうで。

シーレのきっと傍若無人ぶりとか、画家同士のさりっとした人間関係の鋭さとかが、なかなかスリリングに、わたしの脳内をよぎります。

この辺の映画があるようなので、今度借りて見てみよう。『黄金のアデーレ』も、もう一回みたくなってきたし。

 

あとね、

クリムトがいつも着ていたスモックに関する妄想もあるの。

周囲のいろんなパーツとつなげて考えてみると、え、なるほど?と思ったり。で、この人は底抜けのお人よしなのか、自意識過剰で芸術家気取りのめんどくさいヤツなのか、そこはまだ、迷うんだわ~

 

 

はい。わたしを元気づけるのは、知的?興味なんだわ。

そして。

この合間をぬって読んだ本は『折れた竜骨 上・下』です。面白かったよ!

 

折れた竜骨 上 (創元推理文庫)

折れた竜骨 上 (創元推理文庫)

 
折れた竜骨 下 (創元推理文庫)

折れた竜骨 下 (創元推理文庫)

 

 

昨日流した【業務連絡】について

昨日SNSに流した【業務連絡】について、何を意味するか、すぐにわかる人たち向けに書いたのですが、予想以上に他の方までご心配いただいてしまったようなので、簡単に。

 

 

友人が交通事故にあいました。命に別状はなく、会話もでき、ただ大ケガ過ぎて、わたしにはショックが大きかったです。

現場に駆け付けたとき、わたしが一番仲の良い、旧い友人でしたので、救急車に付き添い、病院で待ち、ご主人と落ちあい、一緒にドクターの説明を聴き、入院のための買い物に付き合い、という半日を過ごしました。

 

午前中は会議、午後から総会・大同窓会という日でしたので、事故について大勢の友人らがその場で知ることになり、

運び込まれた病院に人が集まり始め、集中治療室にいるから家族以外は面会できない旨を伝えて、先輩が病院に来るのは止めるよう連絡をしてくれて、

わたしは、家族ではないけれどずっと付き添ってたので、今日だけはと病室に入れてもらい、当日の処置が終わって麻酔でうつらうつらしているかの女と少し言葉を交わしてから辞したので、

状況を友人らに一番説明できる立場でした。

 

だけど。誰が何をどれくらい知っていて、心配しているかがわからない。なので知りたい人には返信しますよ、という書き方をしました。そういう【業務連絡】でした。

 

 

ご心配いただいた方々、ほんとうに、ありがとうございます。

 

 

あと、まあ、わたし自身も大勢に、労ってもらったり寄り添ってもらったりしてますので、ちょっとずつ落ち着いてきたと思います。

今日はずっと家にいましたが、遠くに救急車の音が聞こえるたびに、きゅうぅとした気持ちになって、びくびくと震えてしまう。

なので明日からは、からだを動かす作業をすることにしました。

 

 

そしてみなさん。横断歩道は気をつけて、ほんとうに気をつけて、渡ってね!!