あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

傍線

本を買う金額もバカにならないので(その前にチケット代が、とか言いたいけれど、こちらはどうしようもないので)、ネットで古本を買う。一円+送料、とかで済むことが多いので、惜しみなく買えるのね。

 

誰かが一度、読まれて、売りに出した本であるわけで。先に読んだ持ち主さんが、傍線を引いてたりする本も、ある。

さっき、読みだした本は、 

禅的生活 (ちくま新書)

禅的生活 (ちくま新書)

 

なんか中途半端なところに線がある。肝心な内容というより、洒落た言い回し? 

わたしの感覚とは合わなくて、チトいらっと来はじめたので、鉛筆線であることをいいことに、消しゴムで消させていただくこととする。

ページを繰って、ごしごし。内容は読まず。んんん?

30ページを過ぎたあたりから、「線を引くのをやめた」ようだ。もしくは、、、

 

読むのやめちゃった?

 

なんか、愉快な気分になってきた。どんな方だったのかしらね。なにか理由があって、読めなかったのかもしれないわよね。

ただ、

最初にまず、こだわりを持たずに読もうね、生きてこうね的なことが書いているのに、意気込んで読むから? とか思ってしまった。

 

一度で理解できる内容じゃなさそうので、わたしはとりあえず、すいーっと読む。読もうと思っている。

 

 

あー。

最近読んだ、本。ブログにタイトル書き散らしてて、読んでんですか?とか言われる前にw

 

アイリーンはもういない オテッサ・モシュフェグ

あかね色の風/ラブ・レター あさのあつこ

海辺のカフカ 上・下巻 村上春樹

流刑地で フランツ・カフカ (海辺のカフカで話題になってて)

れくいえむ 郷静子 (あかね色の風を読んでて、シーンを思い出した)

黄色い本-ジャック・チボーという名の友人 高野文子 (れくいえむ で、チボー家の人々 が話題になるけど、原本読む気はなくて)

贋作・桜の森の満開の下 野田秀樹 (チケットが買えなかった腹いせ)

レクイエム 篠田節子 (れくいえむ を検索した際、並んで出てきた)

少将滋幹の母 谷崎潤一郎 (篠田節子さんがあとがきで挙げてらしたけど、途中で挫折)

☆ちなみに谷崎や安吾は、キンドルで全集を100円・200円で買えるのです。新しい「ツン読」

一万年の旅路 ポーラ・アンダーウッド (読み始めたけど、手ごわそうなので休憩)

 

休憩としてさくっと新書を読み始めました、とか。失礼かしらね。