あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

うにうにうに

わたしが若い頃、確か「頭がウニ」って言い方があったんだが、今どきはもう通用しないンだろうなぁ。

おとといあたりから胃がしくしくとし始めて、
夜中のベッドで、あ〜、おなじみの胃炎だ〜と気付き。 
(風邪とかをひいた自覚はなかったんだが)
昔、年寄りのお医者から、とにかく胃や腸のウィルスを流し出すつもりで、
大量の水分を取って、おなかを温めて寝てろと言われたので。

昨日もおとなしく寝てればいいのに、集中力もないくせに本は読む。
おもしろいのか、役に立つのかも、さっぱりわからない。
こたつにもぐって、飲み食いも忘れ。 (ときどき水は飲む)

そういえば、宮澤賢治の「かしわばやしの夜」。
小学生のわたしは何故か「かしわ囃子」だと思って読んでいたのだが、今回「かしわ林」だったのだと知る。 ぞくぞくしていた奥行きが、急に平坦になってしまったような。

からだの感じでは、どう考えても熱があるはずなのだが、
体温計は平熱だという。

しかたがないので今日は起き出して、考え事の続きをしようとするのだが、

無理。

 

考えたくないのなら、書きたくないのなら、
無理に書かなくてもいいんだよ、と自分に向かってクールに言う。
違います。考えたいんです、書かせてくださいと自分は応える。
ならば、よし。 とまではいくのだが、
熱とかだるさ、みたいなものが、目の裏側あたりに煮凝っていて。
何も考えられない。

PCの前でぼーっと。 同じサイトを繰り返しみていたりしてる。

 

ちょっと、イラッ。

わたしは昔から、死ぬことに対する恐怖が人様より薄く。
(海で溺れかけたときも、あれれ? ごめんかも、という感じ)
そのくせ、視力を失うという恐怖は底がしれないほどだった。
あ。
考える・・・・・・という行為にも、同じ執着があったらしいと、
この歳になって、気付く。

自由に自然に、考えられないことに、イラつくわたし。

 

文章になってるのかな。
頭がウニだから、よくわかんない。

 

 

6月頭に、友人が主催で、ささやかなファミリーミュージカルを上演します。
原作はあるけど、オリジナルだよ!!

演目とか変更したけど、少しずつ方向が固まってきました。
ここに至るまでの、わたしの中の変化を書くつもりだったんだが。
日本における、演劇やミュージカルの在り方とか。

    [E:coldsweats01]

ウニがもう少し、ノーミソに近づいてからにします。