あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

信用するとかしないとか

去年の台風騒ぎの時も感じたんだけど。

 

世の中の人はつまり、世の中のことを完全に信用してるってことなんだろうか。

どうせ誰か(上の人?)が何かをしてくれるからって、信じてるの? 

や、それ以前の、ただの無関心?

新型コロナの一連の騒ぎに対して、わたしはずっと、え、去年までインフルエンザをなんだと思ってたの? どう認識していたわけ?と、まず感じたんだ。

 

家庭の防災対策、

冬場のウィルス対策。

してなかったんかい。日本中のみなさんは。

 

 

と思う。

(そりゃうっかりもあるけど、防災意識があったらトイレットペーパーの備蓄は基本です)

 

 

社会なんてあやふやだし、できることは日常から自分でしておかなくては。という人も、ちゃんと多いと信じたい。

(たぶん、そういうタイプはSNSで騒いだりしない。注意深く傍観して、巻き込まれないようにしてるのだと思う)

 

 

 

さて。この1か月で学んだこと。

 

・集団ヒステリーに陥った人には、何を言っても無駄。

わたしには論点がズレてるとしか思えない「記事」で反論してくる。はいはい、もう勝手に混乱しててくださいと思うことにした。(ごめん)

 

・行政は、真実とは別のところで動く。

なので、たとえば父には、新型コロナの実際とは別に、外国と足並みをそろえるための戒厳令が敷かれる可能性がなくもないので、今の政府はそういうズレた判断行動をしかねないので、備蓄とガソリンは切らさないようにと注意する。

 

・論点をずらしてでも、マウンティングを優先して発言する人がいるので、プロもマスコミも。なんのために発信しているか見極め大切。

最初、「(免疫を落とさないために)ぬるま湯を飲んだほうがいい」と注意喚起されてたのが、「ぬるま湯でウイルスが死ぬはずない」と(たぶん西洋医学しか勉強してない)お医者の言葉の記事が出回り、やがて「27,8度って、体温より低いお湯でウイルスが死ぬって頭の悪いデマがあるんですって。イヤねえ」と会話されてる案件。

や、ぬるま湯は、飲んだほうがいいと思うよ。からだ冷やさないために。口内の雑菌を胃酸まで落とし込むために。と相手に言いながら、わたしは誰のために何のために今、訂正してるんだ?という想いが、ふと横切る。

 

ここで大切なのは、西洋医学オンリーのお医者は、間違ったことは言ってないこと。でもそのせいで、大切な予防が否定されてる。

東洋医学も学んでるお医者だったら、同じことを言ったあとにたぶん、でもお湯は飲んだほうがいいですよとか付け加えただろうに、それだとニュースとしてのインパクトが低いんだろうな。

 

という判断を、素人な自分でもできるのは、過去、インフルに対しての知識があるからだと思うの。

知識の積み重ねが、知恵になる。

 

そして、この流れの後ろで一番活躍しているのは、TVのワイドショーやネットニュースなんだろうな。視聴率・閲覧数という資本主義のひずみの奴隷。世の中の安寧よりも、あなたの健やかなほんとうの幸せよりも、ショッキング(常識の否定)が大切な人たち。

それともあの人たちは、自分たちは信用されていないことを前提に、自由な発信をしてるんだろうか。えー。悲しくないかぃ。

 

(TVが流す、したり顔の大ウソなんて、わかってるはずなのに、腹立たしいのは、わたしがどこかで人を信じたい気持ちをまだ残してるからなんだろうねぇ)

 

(あー。こうして書きだしてると、芝居が一本、描けるネタだわ)

 

 

 

 

 

地方では、コロナ陽性がフィリピンパブ(まだ日本には、こんなんがあるんかぃ!)に「菌をばらまいてやる」と遊びに行って、すれ違っただけの女の子に陽性反応が出たとか。真実はどうか、続報を待ての状況なわけだが。

ね、わかるかな。

このひとりの馬鹿が、今、たくさんの劇場が重ね上げてる膨大で緻密な努力を、一瞬で崩壊させたんだよ。

 

わたしは『サンセット大通り』の稽古場リポートで、「たったひとりの不注意が」と書きながら、「そういう」存在を意識した。不注意ではなく、わかって来るヤカラがいる可能性。ゼロではない。

背筋が冷たくなった。

人間は、恐ろしい。

その恐ろしさと、劇場は、興行主は、演劇人は戦わなければいけないのが、今なのか。

 

 

だけどわたしは「たったひとりの不注意が」という言葉を、選ぶ。「そういう」存在を意識しながらも、あえて使う。言霊を信じて。

甘い幻想。うん。だけどね。

 

 

それでも、幕をあげたい気持ち。祈り。がある。

炎は消せない。(消えるはずもないが)

出来ることを積み重ね、最後までチャンスをうかがう。それしかない。

ただ、気持ちを折ってはいけない。それだけは我慢しよう。そう思う。

 

 

負けちゃいけないとか、

安易に言ってほしくないです。戦っている相手は、いつどこから立ち上がってくるかもしれない、そういう無邪気な悪意も含まれること。無視できないこと。

そこは想像してほしい。

 

 

なのに。

そんなこんながあっても、どんなことがあっても、人間は素晴らしいと信じたい。

それがエンタメの役目なのだから、

 

たいへんよね。

 

 

 

結局。みんなで頑張ろうとしか、言いようないのかしら。

みんなでがんばりましょう。

 

 

#春は必ず来る