あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

『SHOW BOY』

f:id:atelier-agen:20190728134028j:plain

 

めっぽーステキでおしゃれで幸せなオリジナルミュージカルを観ました。日本からはステキなオリジナルミュージカルは生まれないとか、もう言わせない!と鼻息を荒くするも、この舞台を観た《ミュージカルファン/関係者》がどれだけいるのか?と少し不安です。ジャニーズというジャンルのチケットは、ほぼファンクラブ中心にしか出回らないんじゃない?

 

わたしはというと、TVに出ていたふぉ~ゆ~をみてて、ん? その宣伝のニュアンスだと公式チケットがまだあるとでも、あるとでも、、、ああああったぁ、東宝ナビザ最後の1枚!!という補助席チケットをネットで入手しました。

(その時点で販売できる商品/チケットがない舞台の宣伝はできません)

 

 

がんばって行って、よかった。気持ちのいい舞台だった。

地方でもいいからもう一回みれる?と、帰ってから即、ネットでチケット探したけど、法外な値段のしかなくて、や、これは成立させちゃいけないヤツとか思いつつ、でも2倍くらいのならありかしら?とか、しばし睨めっこしてましたw

再演を待とう。そして再演は、ファンクラブ以外の人たちもたくさん観てくれるといいなぁ。

 

 

 

 

タイトルは言わずとしれた名作『ショーガール』のフィーチャリングだと思いますが(パンフ買いそびれた)、

昔、福田陽一郎さんが作ったみんな大好き『ショーガール』は、男女ふたりだけのほぼハダカ舞台で、

でもこの舞台はスピリッツはそのままに、

主演も脇もこなせる男子4人(ふぉ~ゆ~)を中心に、大勢のキャストが走り回る舞台で、今どきの舞台らしくわくわくするような映像もふんだんで、

なにしろ脚本の登米さんの仕掛けが見事で、かちりかちりと歯車が噛み合っていく快感がすばらしく、

ウォーリーさんはわたしが一番好きなタイプの演出家さんで、キャスト・スタッフの魅力や可能性や人間性を存分に引き出してくれるので、

 

うん。これは『ショーガール』の進化形だな。舞台の魅力が進化して結晶して、花開いたってヤツだな。

こんな舞台が産まれてたというのに、なんで世の中は冷静なんだ?とか、思いました。

 

 

かんださやかちゃん、みんなと一緒に流れを作る系のこういう役が似合うねえ。

 

 

演出のウォーリーさんは、その人の持つカッコよさと楽しさの両方を、メリハリ付けて魅せてくれるのが上手なので、

福田さんも辰巳さんも越岡さんも松崎さんも、観てるのがもう幸せでたまりませんでした。

越岡さんはねえ、宗像コーチとかミロノフ先生(←古い少女漫画のキャラです)系が似合うのでは?とこっそり思っていたので、おにいさん系ピアノ男子を振り分けた人、えらい!

 

 

 

チケットに関して。

これに限らず、「当日券」がもう少し気軽に流通しないかしらと思います。席は悪くていいんです。いい席を手に入れる努力やテクニックは次のステップ。

興行主さんは売り切れ御礼で終わらせたいものでしょうけれど、ねえ。

新しい観客が、この作品のように上質で幸せな舞台と出会える機会が、もっとふえるといいなあ。