あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

『パジャマゲーム』

(わははは。今日ブログを書かないと9月が終わってしまうことに気づいたよ~)
 

夕べは友人くり が出ているミュージカルに。めちゃいいお席で見せていただきました。だけでなく、大好きな役者さんたちがほかにも何人も出てらして、終演後に楽屋口でくりと撮ったお写真、わたしはお地蔵さんみたいな笑顔だった。わたし、ずっとこの顔で舞台を観てたのかしら???

 

ちいちゃんがもーかわいくてかわいくてかわいくて☆コケティッシュ

フラメンコ?のステップをきれいに魅せてる箇所があり、いろいろな栄養がつみかさなって今があるねぇとキュンとする。

ちいちゃんが真ん中にいるミュージカルコメディ、観たいなあ。

 

三男ヘルヘル(←あははは。わかる人にしかわからない符号)もかわいくてかわいくてかわいくて☆

このコの持っているマイペースなしなやかさとリズムが大好きなんです。

 

あち姐さん(同い年だけどw)もぴちぴちのコケティッシュ
演出のトムさんは、女性をかわいく魅せるのが上手だな。

いつかあち姐さんの、真っ向勝負の重~い芝居を観てみたい。

 

くりは、ダンディで生真面目なコメディアンぶり。まさかの光枝さん路線キャラも秘めてたか。

(ちなみにこの日はワンコの具合が悪くて速攻帰宅!のため、楽屋口で差し入れ渡して面会はおしまい。そういうワンコ優先のパパぶりもくりらしい)

(ちなみに差し入れは、みなさんで食べてねのお菓子と、くりの次の次?の舞台のための秘蔵資料音源。わーまさかのコレ?ってヤツです)

 

 

そして最近のミュージカル、アンサンブルさんがめちゃくちゃ素晴らしいことが多い。プリンシパルよりも個性を発揮して舞台の熱量を作ってる。

特筆しようとしたけど、みなさんラブ!としておきます。

まぁ、クラシカルなコメディの場合、主役とその周辺は、逆に超典型的なキャラを求められるのだろうから(今さらコレ?と)逆にむずかしいのかもなあ。

 

某劇団退団直後のトップ男役さんは総じて、周囲を無視した自分だけのお芝居に走りがち(と、差し引いて観るようにしてる)だけど、
この舞台では相手役のニーロさんが(たぶんすごい努力の)いいエスコートぶりで、なんかいい方向に転がりそうな印象でした。

 

ニーロさん自身は、前半にもう少しぼんやりした甘さがほしかったかなあ。クラシックなラブストーリーだし。

 

 

観る前は、なんで今さらパジャマゲーム?と思ってましたが、楽しかった。アップテンポと振り付け次第で、大昔のミュージカルも蘇るね。

 

新・日本青年館ホールは、舞台の間口が広すぎて、スピードを壊さずに動線移動するのが大変そう。日本によくあるホール(劇場じゃない!)の音で、ひらべったく聴こえる。

客席は見やすかったです。(前から五列目センターだから当然?)

 

 

そういえば某劇団四季の社長と副社長が観に来てたらしい。えー会いたかったかも。

このエライ人たちをおばさんたちは小僧扱いしそうだけどネ。