読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

クレソン

朝、ベランダでクレソンとパセリを切って、玄関に活けた。 

f:id:atelier-agen:20150517032810j:plain

 

が、夕方、みたらね、

f:id:atelier-agen:20150517032848j:plain

びっくりしたよ。

f:id:atelier-agen:20150517033704j:plain

 ↓↓

f:id:atelier-agen:20150517033722j:plain

そうか。クレソンですら、わたしのよかれとしたデザインに逆らって、自分のあり方くらい自分で決めるか。それが命のあり方なのか。

 

 

 

さっき読んでいた小説に、
信じることは賭けと同じだ。と出てきた。

そうか。と思った。

 

過去、信じていた人に裏切られて、わたしは誠意をつくしたのに、なぜ裏切られなければいけなかったんだ?とキズつき、

あるいは恨み、

ある時期からはその人を理解しよう苦しんだ。
わたしは裏切られたと思ったけれど、向こうはそう思っていないのだろうな、とか。わたしの無頓着(無償の愛の人だからと皮肉っぽく言われたこともあるけれど、とにかくわたしの、そんなスタンス)への予防線?だったのか、とか。

 

小説の文章は問うていた。賭けに負けたからと他人のせいにするな。

 

そうか。信頼したからって、誠意をつくしたからって、その人が自分の思い通りになると妄信するのは思い上がりだ。
クレソンですら、自分の心地よさを優先するんだ。

 

 

それでも。
多くの人たちは、信頼を信頼で、それ以上の微笑みで応えてくれる。
その奇跡に感謝しよう。