あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

マッシュポテト

承前) 
 
どきどきしながら読んだ、おはなし。
ほんとにどきどきわくわくのおはなしだったのだけれど、
 
 
 
ありゃ? ザワークラウトが出てこなかったんですけどぉ!? 圭介くーんっ!!
3部作なので、「ふたたび」か「みたび」に出てくるのかなぁ。
(1冊めしか買わなかった) 
いつモーレツに食べたくなってもいいように(笑笑っ)、ちゃんと作ってから読み始めたのにな。
 
しかもかなり、旨く出来たっ。まぁいい。明日の朝ごはんだ。
 
 
 
ザワークラウトはでてきませんでしたが、
 
なまクリームのかかったプラムケーキと、こいコーヒーとか、
ビクルスとかサラミソーセージとか。
気ばらしに食べる、もってきたパンと二本のソーセージとか。
七さらのマッシュポテトとか――
 
ドイツの児童文学に出てくる食べ物って、なんでこーもおいしそうなんでしょう。
 
 
 
七皿は無理だけれど、明日はジャガイモを買ってきてマッシュポテトだわ。
たまねぎのソースにひたしたジャガイモだんごってのも出てきたけれど、
マッシュポテトにも合いそうね。
さて、
ドイツ風のたまねぎソース? バターとコショウと赤ワインあたりで炒めて煮詰めて、かな???
 
 
 
 
と、いうか。
 
明日の朝ごはんはパンケーキを焼いて、
ソーセージとザワークラウトに、濃いめのコーヒーか?と思いついたら、
 
どーしよう。すんごくわくわくし始めたぃ❤ ❤ ❤
 
 (*゚▽゚*) 
 
朝ごはんが楽しみすぎて、今夜はねむれそうにないかも。(嘘です)
 
 
 
 
 
『大どろぼうホッツェンプロッツ』
 
「何度も読みたく」なるのは何故? 
キーワードは「お約束の楽しさ」と「ちょっと皮肉なくすぐり」なのかなぁ、とか。
「何度も観たくなる」舞台の味付けの参考レシピとして。
 
  
翻訳児童文学のお約束な言い回しも、わくわくするわね。
 
おばあさんが、ぷりぷりしながら、さけんだり。
おまわりさんが、見当違いなことでどなったり。
うつくしいようせいがにっこり笑い、男の子はうれしくなったり。
 
いやぁ。ぷりぷりと怒るって、実際どんな様子のことかしらンって、
本を閉じてしばらく考えちゃったよ。