あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

小春@岩手

小春と書いてシャオシュンです。

中国雑技芸術団の女の子で13歳。 
筆談しようにも、漢字が苦手みたいだし。 周りはおとなばかりだし。 
甘いものとか節制しなきゃいけないし、
選択肢が、貧しい農民の生活か、厳しい雑技の修練か、でしかなかったらしい
――このコの人生って?

日本語? 全然しゃべれませんよ。
ただわたしは過去、依依のホストマザーだった経験があるので、
日本語だけでもなんとなーくコミュニュケーションが取れる。 (サンキュ、依依)

なんて呼べばいいの?と日本語で訊いたら、紙に「小春」と書くから、
「(えーと)シャオシュン?」と読み、そしたらうれしそうに頷いた。

温泉の入り方を教えたり。 一緒にふざけたり。
あと、女優の扱い(笑笑っ)と同じ感じで。

だんだん、かの女が開放されていくのがわかる。
お行儀もわたしの真似をして、スリッパを脱いだら振り返ってそろえるとか、
言われなくてもするようになる。
参ったのは、わたしの口真似で日本語を覚えて。
「おはよ」「ありがと」と、上から口調。 ま、そのうち、気づくだろう。 

お風呂で観察しちゃいましたが、背中の筋肉が不思議な張り方をしていました。

 

最終日の夕飯のあと、
パフォーマーさん同士でコラボが始まり、その中心が小春。

で、初共演?したGEN(ジェン)さんがびっくりして教えてくれました。
(って、酔っ払った細身のGENさん、女の子三人を膝と肩に載せてショーのポーズを決めましたから。 すごいのよ)

日本のサーカス学校では、下を支える側がバランスを取り、上の人間は棒になれと言われるんですって。
でも中国雑技の小春は、自分ですごくバランスを取る。 だからGENさんは自分が棒になることをイメージしたんだって。

 

13歳の旅館の伝統行事?である枕投げを教えるかどうか迷ってましたが、
という流れの末、 結局こんな感じに。

927  

ははははははっ。
(左に移っているのは同じくスタッフのよーこちゃん。
 撮ってくれたのが恵美ちゃん) 

んで、
このあと岩風呂に行ってみんなで13歳になり、お湯のかけっこ!をして遊びましたぁ。