あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

かぼちゃ

友人に貸したゲームが、いろんなお土産と一緒に返されてきたとき、
何故か、小ぶりなかぼちゃも一緒に入っていた。

濃いグリーンとごつごつした質感が、とても美しい。
( ↓ ↓ バラの写真を撮ったときに、一緒に写したのを思い出した)

Cimg1592 

この造形や質感を、
たとえば絵画として真似たい!と思うのは、人間の思い上がりじゃないのか、と考える。
いずれこの世から消え去るのだということも含めて、
目の前のモノを、今、そのまま、愛でればいいんじゃないのか?とか。

かぼちゃがそこにある、という感動。

なんで絵を描きたいと思ったのかな、昔の画家は。
(と、美大出が言うな、かもしれないけど)
ゴッホは何故、絵を描きたかったんだ? (と、話はそこまでいきまする)

 

それから2週間。

おしりが少し黄色くなってきたので、いよいよ食べようと決心する。

包丁を入れる。 
こういう大振りで硬さを持った野菜は、包丁を入れたあと、少しネジって割るようにして切るのが、コツ。

わぁ。 スイカみたいなフルーティな匂い。 
果肉は薄い黄色で、タネのまわりの綿がオレンジ色。 皮の濃いグリーンとあいまって、
なんともなんとも美しい。

白い鍋の中が、わーおと言いたくなるほどの鮮やかさだった。

が。

ありゃ。

煮付けたが、水っぽくて味が薄くて、うーん、ごめん、旨くない。
(2週間、窓辺に飾っているうちに味が落ちたってこと、あるかな?)
皮の苦味も強めなので、せめて、半分はまだらに剥いて煮ればよかった。
いや、
皮のあたりの味の強さがなければ、びしゃびしゃなだけだから、これでいいのか?
メントリ? んなもの、しませんよ。 家庭で作る煮物なんて、こんなもんです。

Cimg1602     

 

ハンサムさんだからって、中身がおいしいとは限らないわネ!という、お約束な顛末でした。
(送ってくれた雷には、内緒)