あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

『お祈りの時間ですよ』を観た

2009.9.27 11・00〜 舞台芸術学院 /暁星高校演劇部
(東京都高等学校文化祭演劇部門地区発表会)

戯セミでご一緒だった、女の子笑わせるのが上手なスキンヘッドが、
実は高校の先生で、
男子校演劇部の顧問には、到底見えなかったのですが。

だったら観たい!とお願いして、日時を教えてもらったのでした。
(昨今ではこの業界にもマニアックな困ったちゃんが出没するので、あまり公のお知らせはしないんだそうです)

稲田センセが書いた本、(少しとっちらかった感もあるけれど)面白くて。
キャンプファイヤー(?)は怖かったし、
最後はちゃんと、メッセージに着地したし。
かなり自然な笑いを取るし。 ときおりいい感じの雰囲気を織り込み。
ちくちくと遠く遠くにかすかな皮肉も匂わせて。

なによりも衝撃だったのが、なかなか芸達者な生徒さんたち。
芸達者ですよ。 クラリネットは吹くワ、いい声でコーランを詠唱するワ。
間が、絶妙。 ノリというべきか? 動きの意味もわかっていて。
とても生き生きとして、楽しそうで。 

そして、制御しながらすごく自然に、そこに居る、の。
余計なことをせず(出来ないんだろうけれどネ)
丸ごとの自分をただ受け止めて、友情と世界への愛を、発信している。

実はこのあと、かなり達者な人たちの芝居を観たのですが、
声も動作もごわごわに感じてしまうくらい、

かれらは天然素材の気持ちのいい手触り、とでも言いますか。
欲がない分、なかなか怖いゾ、高校生。

そしてお疲れ様でした。 稲田センセ。
このお芝居、次のステップに選ばれるといいネ!!