読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

初 神楽坂!

事件でした

戯曲セミナーで一緒のいくちゃんが、
mixiのコミュ内と直メールのついでとダブルでお奨めしてくれたので、
これは……
わたしが絶対に運命的に見なければいけない作品なのだと思って、
その公演に行った。 当日券です。
その日、会社での1日は、そのためのやりくりだった。 まじ、がんばった。

会社勤めの身には、7時半に始まる芝居はうれしい。 駅3つの距離。
ただし、駅から長々しい坂をエンエンと登ったのだけれど。 
それが神楽坂。
なんか、粋でクズレた飲み屋サンなんかがこまごまと並び、独特な雰囲気だ。
あー、お吸いものの匂い。 
おもしろそーな街だなあ。
おお、毘沙門さまだ。 時間がないので心の中で頭をさげて通り過ぎる。 

で、
自由席の客席で、わたしの目の前に座ろうとうろうろする横顔が、いやに見慣れた顔だった。
文字通り、目を疑う。 すぐに声をかけられなかったよ。
この夜、広い東京の中に切り取られたこの空間で、よりによってなんでわたしの鼻先にいる?
……nen?
「え? あ……」
それで、久しぶりにふたり並んで、芝居を観た。

その芝居、というよりはパフォーマンスは、おもしろかったけれど。 どこか稽古ごとの発表会くさくて、わたしの運命を変えるほどでは……。
ま、いんだけれど。
ディス シアター? ここはステューディオだと思うけどなあ、とか。 妙に冷静。
野心的であることは認めるけれど、ここでこんなダンスをホメちゃったら ジョーカー に申し訳ないよな、とか。

終演。 
なんか少し食べてく? うんっ。

神楽坂は以前少しだけ、仕事関連/地域事業で使ったと、nen。
あっちの方に、いいお店があった気がすると、わき道に逸れる。

うわわああ♡

人ひとり分の狭い路地が、網の目みたいに入り乱れ、
軒を連ねているのは、ちょっと凝った造りの民家なんだか、看板を出していないだけの店なんだか。
足元はぼこぼことした敷石。
なんなんだ、この街は♡ だんだん、だんだん、だんだん楽しくなってくる!

目当ての店は見つからず、でもnenの中には大まかなエリア分けができてるみたいで、
この先はホントに高い料亭になっちゃうなあと、路地を曲がる。
わたしはどこでもいいよぉ。
日本酒の瓶が並んでるようなお店に、ほんとに、てきとーに入っちゃった。 

いい感じ。
お料理もおいしかった。
他の客に邪魔されることもなく。
ちょっと高めだけれど、ああ、時間と場所はお金で買えるもんなんだなあと思う。 
そんでわたしは、nenといると安心するのか、日本酒をおいしく過ごしすぎ、
ぺろぺろに酔う。

nenは、この数日、ちょっと抱えていた問題を、わたしに軽く笑い飛ばされる。
笑わないでよ。
いや、それをそうして悩むのが、nenらしいんだけれどさあ。 うふふふ、あはははは。
でもよかったぁ、今日、会えて!と、nenはしきりに言う。

ちょっと、待て。

わたしは今日、自分が何かに出会う予感がして、このパフォーマンスを観に来たはずなのだけれど!
それは違って!
全然、違って!
つまり!
nenに呼ばれたってことなの!!!

「そうなのかなあ、ありがとう」

 

…………おい…………