あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

◆創る 2019

サイン?

時計を見たら000で、次に見たら111だったよ。なに今日は何かが切り替わる合図?これ書いたら寝るので222はありませんが。昨日ツイッターのご神託は子どものように泣きなさいみたいな内容で、珍しいなヒロシマの日だからかな?とか思ってたら、最後に泣きべそ…

ショーボーイとバイオ6

真夜中に叫びたくなったので、叫ぶ! うぉぉぉぉっ! ミュージカル『ショーボーイ』の構成って、つまりゲームの『バイオハザード6』なのかぁ! 気づいたけど、ゲームとミュージカルの両方にマニアックな人間は、そういないだろうから、も一度叫んでおこう! …

『SHOW BOY』

めっぽーステキでおしゃれで幸せなオリジナルミュージカルを観ました。日本からはステキなオリジナルミュージカルは生まれないとか、もう言わせない!と鼻息を荒くするも、この舞台を観た《ミュージカルファン/関係者》がどれだけいるのか?と少し不安です…

クリムト展

klimt2019.jp 展示は、クリムトの作品だけでなくて、弟たちやご友人や派閥の仲間たちの作品や、家族や愛人たちとの写真など、 多彩な品ぞろえで、 ご本人の作品や作風だけでなく、時代や周囲との人間関係も浮かび上がらせてくれてました。 で。作品たちより…

たぶちせなとデート☆

せなちゃんと、一緒にクリムト展に行く約束をした。 せなちゃんにとって、美術館は「おしゃれな場所」のひとつらしいので、わたしもいつになく、スカートなんぞはいて出かける。 最近のお気に入り。↑↑ Amazonで買ったんだが、壊れて届いた。クレームつけるよ…

『BACKBEAT』

@芸劇 プレイハウス まあ。なにしろ。辰巳さんとか加藤くんとか上口くんとか。お気に入りな男子が3人も出てらして、みなさん、ピュアでヤサグレたロッケンロールバンドが、もーめっちゃかっこよく決まってらして、 たばこを口の端にくわえてギター弾くとか…

ジャグラーと身体

劇作の講座に通ってた頃。小道具を安易に使うな、という教えがあった。 わたしは出自がまんが家なので、小道具こそが描写を豊かに、象徴的に使えるという感覚で。演劇ではむしろ邪魔なのだと理解できるまで、時間が要った。 物理的な小道具は、イメージの可…

サーカスラボラトリー クク―

高速バスの中のWifiが不安定で、アップしたら一時間かけて書いた文章が反映されてなくてショック! 元気出して書き直し! \(//∇//)\ SePTの酒井あっちゃんとパートナーさん、「ながめくらしつ 」主宰の目黒さんと制作の奥村さんがたちあげた、サークル&スタ…

ギュスターヴ・モロー展

サブタイトルは『サロメと宿命の女たち』 @パナソニック汐留美術館 展覧会に行って有名作家の世界観にどっぷりつかり、その人の人生や作風についての勝手なストーリーを組み立てたい!(趣味です)と感じるも、 クリムト展もエゴン・シーレ展もそれぞれ友人…

AIがやってくれる!

夕べ、寝る前に。 友人のアイコンに触発されて、写真をスケッチ風に変換してくれるアプリと遊ぶ。ちょいちょい。 手持ちの写真がこんなふうになる。 ふははは。 自分で描いたら1時間以上かかる作業が、ものの数秒。 デッサン力もいらない。(ただし、判断す…

『フラッパーズ』始動!

タイトルに「始動!」とは書いたものの、劇作家のさびしいところは、テキストを渡した時点で自分の役目は終わり、今後、作品のすべては「他人」に託さなければイケナイこと。 とはいうものの、わたしの紡いだ言葉たちを、自分のものとして発してくれるキャス…

TACT(東京芸劇フェス)

at 池袋の芸劇周辺 地下道から到着したらB1広場で早速、パフォーマンスに遭遇。 友人の足は止まったけれど、わたしは自分的本日メインの場所取りのため、劇場前広場に直行。写真は1階に向かうエスカレータからです。 田中泯さんの『場踊り』。ライブで拝見…

闇の糸

わたしの大好物について、少し書こうと思います。 最初、抱いたイメージは、自分の奥にある、深い闇に輝く一本の糸(弦)という感じでした。20歳前後だったと思うけれど、どうしてそんなイメージを持ったのかは覚えてません。本を読んでたか何かの折に、ふ…

『笑う男』 その2

はあ。いい舞台でした。。。 今週はあと2作品ほど舞台を観てて。わたしは「えーと?」と感じることが多かったのに、他の方たち(周囲のお客さまとかネットとか友人とか)はそれぞれ大絶賛で。え? ほんとに、こんなん(失礼!)で満足なの? それが、モノス…

『笑う男』

夕べからだんだんと、不思議感が強くなってきたことがあって。 日生劇場売店でバンフレットとTシャツとポーチを買ったとき、ロゴ入りの袋をいただけなかったの。うっかりとかじゃなくて、商品を重ねて置かれたまま「はい」って感じだったので、わたしが「え…

『キャサリン フルボディ』と『レベッカ』

よくね、書く作業とかを喫茶店に持ち込む人々がいて、なんでだろうかと不思議でしたが、 悪夢のようなゲームにハマりまくり、 ようやく意味がわかりました。やばい。自分の部屋にいると、ほかのことが、なんもできん。ご近所で行くとしたらどの店?とか、ま…

『パリのアメリカ人 』

劇団四季 @シアターオーブ 友人のお嬢さんが急にNY出張になり、代打で観てきました。 えーと、第一幕は惨劇な出来(苦笑)で、第二幕は極上!って感じでしょうか。 (念のために書くけど、ハリウッド全盛期の、野心的(たぶん当時としては)な、ロマンティッ…

ミュージカル『レベッカ』 5回め

拝見したのは木曜日ソワレです。 もしかしたらこの日、史上最高の『レベッカ』を観たかもしれません。この作品が、こんな風合いに育つと、誰が思っていたかしら。 大がかりな装置もなく、ミュージカルにしては人数も多くはない。けれど、ここまでの大カタル…

多摩美統合デザイン学科の卒展

多摩美校友会 出前アート大学に協力していただいたこともあり、今年は統合デザインの卒展を、ガッツリ全部みてまわりました! 面白い作品が多かった!! が、「出前授業」でわたしが一番お世話になった麗(如澤麗)ちゃんのお写真がないのが、悔やまれるわ~…

ミュージカル『レベッカ』 4回め

なんかね。舞台を観終わってから、前頭葉のあたりがたゆたゆと幸せで、それを味わってるだけで数日が過ぎちゃった。 なんとも幸せな言葉たちだった、と思う。 言葉が、ひと言ひと言、吟味され、ていねいに発せられ、つみあげられて、気持ちの流れを追ってい…

ミュージカル『レベッカ』 3回め

2019初観劇は『レベッカ』、シアタークリエ公演。 暮れのプレビュー公演2回観劇につづき、3回めです。 これで「わたし」役のトリプルキャスト全制覇。ミセス・ダンヴァースは全部知寿さんですが。 最終的にこの作品は、シアタークリエサイズ(キャパが6…