あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

◆創る 2010

『W★赤ずきんちゃん』 写真公開

『W★赤ずきんちゃん』の写真です。 ある日の稽古場 とか 振り写し とか 小屋入り後/仕込み、場当たり、ゲネ、集合写真 とか。 http://agen.blogzine.jp/photos/wakazukin/index.html *パスワードを設定しています* ユーザー名/M&M パスワード/あげんの…

公演終了

オリジナルミュージカル『W★赤ずきんちゃん』 3回公演、無事に終了。 無事?か?????終演後、楽屋に駆け込んでキャスト全員に「わーん、ごめんなさいっ」と頭を下げるってヤツを経験しました。 きゃー。 きゃー。客席は気付かなかったらしいですが、わた…

初日

アクシデントもありましたが、無事に。 ありがとうございました。最後の曲では客席から手拍子が湧き起こり、わたしはパーテーションの陰でPC操作しながら、ぼろぼろ泣いていました。みんな、ここまでよくがんばった!わたしもよくがんばった!!最初の曲が過…

明日、ではなく今日かぁ

いよいよ初日です。 『W★赤ずきんちゃん』最終稽古で、おっ、ここまで来たか!!とちゃんとちゃんと熱をもったレベルに届きました!! [E:crying]というのも、当日お手伝いを前に、初めてご覧になる方が稽古場にいらしてて。お客が作品に引き込まれると、キ…

あと1週間!!

稽古場にはずっと付き合っているのですが、仕上がりがどの程度か、全然、みえていないのは。裏方をしているから。当日も。あのね、作家として舞台を拝見したいのですが、と言いましたが。あきらめてくださいと言われました。代わりに手に入れたのは、役者た…

『桜散る散るもつもるも三春乃一座』を観た

2010.5.29. 19:00〜 相鉄本多劇場 / 劇団だるま座本多劇場だと思い込み、でも何故か、下北沢の駅の改札口を出ようとしたとき、ふとチラシを見直してみる。 げっ、相鉄本多劇場@横浜じゃん。渋谷に逆戻り(改札でなくても、運賃は往復分の支払い)しての大…

ミュージカル/言葉の乗せ方

最近、漠然と考えていること。 覚書。声楽や作曲に関して無学なので断言は出来ず、素人が身近の存在を通して、なんとなく感じているコト、ぐらいで読んでください。すっげぇあたりまえのことじゃん、だと思うけど、ま、お笑い種のひとつとして。 昨日、ずい…

『ピグマリオン』と『マイ・フェア・レディ』

2本のDVDを観ました。念のために説明すると、イギリス戯曲の舞台版をイギリスで映画化したのが、原題のままの『ピグマリオン』で、舞台版をブロードウェイでミュージカル化し、ワーナーが映画化したのが『マイ・フェア・レディ』です。下品な下町娘イライサ…

『R』を観たけど

2010.5.22. 17:30〜 帝国劇場前々回、稽古場から劇場に直行して、視点の切り替えに苦い思いをしたので。だって、ミュージカルを楽しみたい!!から。今日は早めに稽古場を抜け出して(ごめんなさい)、途中で軽く食べて(豆のサンドイッチ。美味)、リセット…

『スキャンダル〜二階堂零二の憂鬱』を観た

2010.5.20. 19:00〜 スペース107 / M-DEFIハートフルコメディは基本、苦手なのだが、圭介くん演出なので観にいく。ぶみさんが参加しているユニット。最近、コンセプトの大切さを考える。 明確なコンセプトが観客に与えるのは「安心」。価値を自分で判断しな…

輪〜

ミュージカル講座、終了。 内容の静かな熱気を引きずったままにしては短すぎる!そのあとの懇親会。その中で、市民ミュージカルを創ってますよ〜という方たちと、知り合えた!3グループ。制作か演出の勉強したいんです、という美人の院生(!)さんにも。実…

夕べというか おとといというか

気付いたらもう、日付的にはおとといの夜からのことですが、TVで『チョコレート工場の秘密』(あれ? 映画だとタイトル違ってたか?)を観て、そのあと、届いてたレンタルDVDの山を崩し始めました。夜が明けてから、さすがに睡眠はとりましたが、そのあと、…

ちゅどどどどぉぉぉぉん

なんの擬音かというと、メッポー落ち込んだオト〜〜〜。先日『アット・ザ・バレエ』に萌え(?)たと書いたぐらいですから、『コーラスライン』を観たくて。以前観て、映画はかなり気に入らなかったが、仕方あるめい。 ま、いいゃと。(え? 某劇団四季のCD…

ミュージカル楽曲の創り方/今回の場合

(半ば、自分の覚書?)今回の『W★赤ずきんちゃん』の場合、まず台本の中に曲の挿入位置と歌詞をいれて何人かに戯曲としてチェックしてもらい、そのカタチで作曲家に渡しました。作詞カードみたいなものは作りませんでした。 歌詞もあえて9割の出来にしてお…

ミュージカル講座

主催/劇団劇作家 講師/青井陽二さん以前にも同様な講座があったとき、(ご存知の方は知ってる理由で)スルーしたのですが、後日、シノハラさんから「素晴らしい講義だったのよ」と聞かされ。 では次回は参加します、というわけで。今週2回、来週2回。 1日…

母の日〜

昨日のお稽古のイベントは、サプライズな「母の日」で。「いつもありがとうございマス」ってわたしまで、カーネーションをもらいましたぁ。んで、ラインに並んでるコたちを上手側から、全員ハグ〜。主催・演出・振り付けの美保さんは、マジ泣きしてたよーだ…

オリジナルな鼻歌

とてもアタリマエなことですが、ここずっと、からだにしみこんでグルグルしている音楽は、今、作っているミュージカルのナンバーで。だから洗いものとかをしながら口ずさんでいる鼻歌は、つまり、世界でまだ10人くらいしか聞いていない歌たち。なんという贅…

そんで

「それじゃ後ろまで届かないよ!」というのは、稽古場でよく使う言葉ですが。今日の帝劇(2階席の最前列)で、まさか同じ感想が浮かぶとは。 で思いついたのは、舞台から「届く」範囲の席分しかチケットは売れない。 なんて法則はある? (きゃぁっっ。 そし…

今朝は

音のない 口笛に 呼び寄せられているような 目覚め

まだ、ある

他の分野も同じだと思うけれど、ホンを書く作業には書きたい箇所と削らなければいけない箇所がある。で、これは「削ろう!」という判断がむずかしい。 もったいない、これも言いたい、と、なかなか削れない。 それでも削ってスリムにすることで、どれだけ伝…

『R』を観た

2010.4.24. 17:30〜 帝国劇場一緒に観たみゆと、あそこの涼風サンがステキだったねえとか話しながら劇場を出る。微笑みににぎわう人ごみの中、みゆはボロボロと泣き始めた。「ダンヴァース夫人の生き様って、なんだったんだろう」自分の人生の何と重ね合わせ…

稽古の

昨日は稽古前におとなキャストのゆりサンから呼び出し。相談があるので少し時間ください、という。 演助という雑務をかって出てくれたステキな女性です。 ちょっとお詫びもあったので(コラコラ)学芸大学にあるケーキ屋さんに入る。ウエストっぽいけど、安…

『W★赤ずきんちゃん』

ちらしもそろそろ納品されるみたいだし。 PDFデータでアップ。どーなんだ? どーすんだ??と(爆発したいのを抱きかかえて)見守って[E:coldsweats01]きましたが、キャストたちにようやくスイッチが入って、少し安心。内部から生まれる自覚を待つって、ほん…

『R』を観た 観せた 魅せられた

2010.4.11. 12:30〜 帝国劇場身近な仲良しなのに、ミュージカルを観たことない人がいるということが我慢できない。 特に若い才能の持ち主で。今日、一緒に観たのはあっちゃん。 劇作仲間。ずっとずっと砂糖湯のように蕩けてる様子に、こちらも素直によかった…

音♪

今度のミュージカルの歌の練習は、なんとなく聞いてはいたのですが、ナニセいまだにボロボロで。ときどき和音が成立すると、おっ、とか思うくらいで。(ここを読んだ関係者、ごめんね)そ、和音。 全編、ハーモニー。 大丈夫か、キミたち!といいたくなるほ…

『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』を読んだ

米原万里 著 角川文庫書き出すキッカケみたいなからだを作れず、おとといから本のドカ読み(?)を再開。かなりのヒット率で意外な本と出会う。こういうのも直感のうちなんでしょうかね。 店頭で本が、指に意識に、吸い付いてくるの。文庫の帯には甘ったるい…

こんなものかな

目が醒めて思い出したのは、爪にはトップコートが塗ってある!なので除光液で、アクリル絵の具の黄色はかなり落ちました。 よしよし。昨日の成果はこちら。 左のふたつは、過去の試作〜。 カラー段ボール製と白いのは紙粘土(フォルモ)です。右のが樹脂粘土。…

アクリル×アクリル

消えもの系小道具を、食品サンプルほどではなくても紙(樹脂)粘土で創れないかな、と。初挑戦だ。うーん、出来はどうなんだか。 ひと晩乾かして、明日あたりに彩色の予定。と、まではいいんだが。 樹脂粘土のベースの色つけに、アクリル絵の具を練りこんでみ…

『乱反射ドロップ』を観た

2010.4.5. 15:00〜 八幡山ワーサルシアター(タイトルはイベント名と考えればいいのか?)最近なんだか小劇場系の、いろんな人のいろんな思惑やらナンヤラが息苦しく、ウザったくもあるのだが。 ああ、みんな若くて青くて元気なんだということにして。 結局、…

お買い物ツアー

公演の小道具とか衣裳用布地の下見とかのために。昨日。 美保さんと浅草橋で11時半に待ち合せ。 げ。 春の強風のため総武線が遅延。 ごめん、遅れますとメールしたら、どこに乗ってる? 同じ電車かもと返信。ホームで落ち合った時点の第一声がふたりとも、…

『ロマンシング・ガーデン』を観た

2010.3.26. 18:00〜 六行会ホール早稲田大学を中心にしたミュージカル上演団体で、40人!の出演。楽器はシンセとドラムスとベースギター/コントラバスの3人。6月のミュージカルに出るふたり(大学生)が出ているので、小5と中1を引率して観にいきました。(引…

ヤン・リーピンの『シャングリラ』を観た

2010.3.22. 13:00〜 オーチャードホール中国の少数民族の歌舞踊を現代風に。残券ありで手に入れた席は、2階ギャラリー端。 見切れているけれど臨場感はすばらしい。下手のソデ中とか、オケピ位置の仕込みとかもよく見えるのが、楽しい。太古の血が騒ぐ〜。 …

『宦官提督の末裔』を観た

2010.3.18. 19:30〜 シアタートラム / 結城座いやぁ。さっきから、どこまで身の程知らずの発言をしていいものかと、迷い続けているのです。世界的なシゴトをされてる方々のコラボだと、綺羅綺羅しい企画のPR。それ以上に。大久保鷹さんって、確か凄まじい緊…

『兵器のある風景』を観た

2010.3.17. 14:00〜 俳優座劇場(ご指摘の通り、三茶から六本木は大江戸線で乗りかえ1回でした。 思い違いしてたんだってば!)ものの流れというものがあり、朝起きて、ふと4ヶ月ぶりに弟のブログを読んだら、イッセイ・ミヤケの2010秋冬パリコレのちょっ…

演劇人の安全意識は?

「舞台技術公開基礎講座」というタイトルですが、内容は『劇場等演出空間の運用および安全に関するガイドライン』に沿ったシンポジウムです。劇場で働く人間の安全を守るためには、特に高所・暗所において何をどう管理しなければいけないか。 責任系統はどう…

初シュート

「舞台照明基礎講座初級編」です。どんだけ贅沢講座、その2。 機材カタログにカラーフィルターの色見本帳2冊付。 いいんだろうか、いただいて。 機材屋さんの協賛か?座学に引き続き、実技。ギャラリーを通って(実は高いトコ苦手!)、トラムの調光卓の見学…

音響初級編

正しくは「舞台音響基礎講座初級編」。 世田谷パブリックシアター、えらいよね? 完全無欠の素人なわたしみたいののために、こんな講座を企画して、しかも講師が市来さん+劇場スタッフ。 当然、劇場機材で、場所はトラム。どんだけ贅沢なんだか。そしてたっ…

『R』を観た

2010.3.11. 12:30〜 中日劇場2年前、クリエという感じのいい劇場で、夢のように奇跡のように結晶したミュージカルを。大劇場版に創りなおすというので。大劇場版に?と、恐る恐る、観にいく。結論から言うと、ほーらね、と。おいおい、と。ふーん、と。おお…

『マクベス』を観た

2010.3.7. 14:00〜 SePT (プレビュー公演)床の間の活け花のような印象でした。つまり、緊張感のあるささやかな造形を通じて宇宙を感じるってヤツですね。それが演劇に対する褒め言葉になるのか、欠点なのかは不明ですが。ただ過去、そんな印象を持った舞台…

『音と言葉と身体の景色』を観た

2010.3.6. 19:30〜 SPECIAL COLORS /身体の景色今回のモチーフは別役実大先生の『舞え舞えかたつむり』でした。前回にひとり、今回またひとり、と役者さんが増えたのですが、身体と言葉を完全にばらばらと操作できる役者さんが、増えていくってのがスゴイ。…

0303

3月3日の20時を過ぎた頃。夕べの散歩で立ち寄った古本屋で100円で買った、北方謙三の小説(ハードカバーです)を読んでて突然、やっぱお雛さまを出さなきゃと思い立つ。主人公が赤ワインに無骨に目覚めるシーンがカッコイイ。 自分の感覚のどこかも、ざわり…

『なにわバタフライN.V.』を観た

2010.2.28. 15:00〜 シアタートラムところで、こーいうのがわたしの理想的な観劇ライフのひとつです。近所に買い物とかに出たついでに、ぶらりと劇場に寄って当日券を買い、あらぁとか、ロビーで知ってる人に会って、軽くおしゃべり。今日は美容院の帰りだっ…

与えられて 書く

今回のテキストは、少女たちのために書く、ということがわたしの中でいろんな発見と勉強につながり、うれしい。 今後の稽古にも期待。以前、若い女の台詞が書けてないと言われたので。今回は意識して何箇所か、りん♪ちゃん/坂本鈴の書く語尾を真似てみた。…

書く 作業

テキストを書く作業は、生き物を創り、育てることに似ている気がしている。生き物、なんだよな。割り切れない、ヒトとしての想いを、必死に整理し、選び、配置するというか。自分の一部を切り取り、埋め込み。そのくせテキストの方は、勝手に育って、勝手な…

とろとろとろ。

女子フィギュアが始まった。 素人な女の子たちのどきどきが伝わってきて、あ、失敗したぁ、横目で見ているわたしも、そわそわ。何に同調しているんだか。この数日。 自分がトロトロしている感触。自分という皮膚の境界線があやふやになっているのか。読んで…

『レフおじいさんの童話の森にて』を観た

2010.2.21. 14:00〜 国立オリンピック青少年センター /劇団あとむトルストイ(つまりレフおじいさん)の童話を4話、音楽劇にして。 そしてこれは、オブジェクト・シアターに分類してもいいのかなぁ。 意欲的で好きな劇団でもあるのだけれど、今回は、うーん。…

新しい世界

今日は美保さんと一緒に、新宿で衣裳さんと打ち合わせのあと、中目黒で顔合わせとWSを少し。顔合わせです。 出演する中学生と高校生とそのママたちとだよ! うぁっ。完全未知の世界。 どきどきどき。なんて、嘘で。初対面から全員の名まえ呼び捨て、ママにも…

『煙が目にしみる』を観た

2010.2.19. 19:00〜 アイピット目白 /PLUS友人のちょーふが演出・出演。ちょーふは、このテキストはいいよ、すごくいいと昔から言っていて、他所が上演してるのを見ては、あそこがわかっていないとかぶつぶつ言ってるのは知っていて、わたしはというと、よ…

『ジョン・ガブリエルと呼ばれた男』を観た

2010.2.16. 13:00〜 SePT イプセンってこんなにおもしろいのか!!男の狂気。 女の狂気。 若者の狂気。 老人の狂気。 人間の狂気。作家は、別に狂気として書いたのではないかもしれない。 けれど、役者という肉体を通したとき、ひとつの真実として立ちのぼっ…

『デンデラ』を読んだ

ここんとこ、わりとコマメにブログを書いてるのは、TVで何本も映画みたり、今日の開会式もライブで全部みちゃったりするのは。読んでる本がスゴクつまんなくて! すぐ飽きちゃうからだな、と苦笑いしながら。ようやく、読了。 お疲れ、自分。本を買うとき、…