読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

◆創る 2010

ありがとうございました♪

今年も1年、もろもろに感謝です。 大泉から見える富士山、傘を被ってる? 明日の天気は? ? ? 来年もよろしくお願いします! あげん

幻想と逃避と闘争

たぶん、世の中にミュージカルを提出する意味はナンダロウ?なんてことを日々考えているからだと思うが、ある日、宮澤賢治にとっての創作は逃避だったのではないか、とか思い至った。そして逃避という形の闘争だった?とか。完全な不勉強で、まったく根拠の…

こういうときは

暮れの買い物に、電車で渋谷(上り)に出るか二子玉川(下り)に出るか、迷いながら駅に向かう。三軒茶屋駅は地下なのだが、どうも付近が異様な雰囲気である。たくさんの消防車などが止まり、音もなくキラキラとまわる赤い回転灯。各歩道には、異様にぐねぐ…

歳を重ねて

東宝の戯曲講座の友人たちが書いたテキストが、テアトルエコーで3作オムニバスのオーディオドラマとして上演された。舞台の上でマイクを前に、ラジオドラマのように演じる。前回はもうひとつピンとこないところがあったので、今回は早めの時間に行って前方の…

秘すれば花?

昔、日本のグラビアは、性器やヘアは見せてはイケナイとなっていて、アメリカ等のそのテの雑誌とかの持込は全部禁止されていて、日本の文化人たちは表現自由の侵害だと軽蔑していたわけだけれど。わたしは、なんてカッコイイんだろうと思っていたんだ。当時…

ライトアップ

観劇の帰りに通りかかった、都会の1画でのライトアップ・ショー。新橋の電通ビル前です。 あ、たぶん上から見た方が床の変化が見られてキレイだと思うよ。 これから観る人は場所をチェックしてみて。 ↑↑ これはその光のショーを写メっている人々の群れ。 み…

マミさんとマッシュとの舞台を観たよ

思いがけず、公開ゲネにご招待いただいてしまった!マッシュからみほさんに、そしてみほさんが声をかけてくれたのでした。 感謝感謝感謝!!久しぶりのじゅんこさんと3人で。 あれ? 3人のおばさん同窓会?ミュージカルを、バイト同窓の3人で観るわけ?と、…

トモコさんの舞台を観た

わーい、うれしかったよ〜!と書こうとして、独特な倫理を持つ劇団の客演?なので、情報の何をどこまで書いていいのか難しそうだと迷い始める。 作品だけについて書く分には大丈夫だろうけれど、個人的なことも交えたら問題になりそう?というわけで、作品よ…

『M!』を観た 2回め

昨日CDを渡す際に入れた封筒に貼ったはずシールが、今朝バッグの中から発見され、軽いショック。 せっかくかぁいくデザインしたのに〜!という気分で朝を過ごしていたら、気付くと頭の中ではずっと『マトモな家庭』がホンキートンクに流れてた。生活は、思っ…

7時間

最高の舞台だったね!劇場をでて、みゆと。 さて4時だね。お茶しよう。 ねえ6時過ぎたね。場所変えてご飯しよう。それから。店を追い出されて11時。劇場横を通りながら、うーん、わたしたちがしゃべってる間にかれらはソワレも終えたか。すごいね。 7時…

ハーツにハマったぁ

昨日。 PCの前で煮詰まっていて、ふとスタートリストのゲームを開いて「ハーツ」というゲームを見つけました。 なんで今まで気付かなかったんだろ。サイトで探してなんとなくルールを読んで。わかんないなぁ? あ、こーするのか? とか迷いながら、そのまま…

冬のベランダと

でんでんズの土を作った勢いで、ベランダもちょっと手を入れた。赤いバラと白いバラは元気で、つぎつぎとつぼみをつけています。 買ったりもらったりしたときは、ポットサイズのミニバラだったんだけどね。部屋の中は少しだけクリスマスっぽく。なんか大きく…

かわいそうがられたい女

そういえば、手に負えない女、バージョン2(?)といいますか。 先日、古い友人らとの話題になったタイプを思い出した。それが「かわいそうがられたい女」です。 きっかけをつくったのはわたしで。 笑笑っ。あのときの某友人のあの行動には、いゃ、つくづく…

憎まれる理由

実は、わたしはある種の女たちに憎まれる。 うっかりしているとナイコトナイコトを陰で言いふらされ、いつの間にか悪人にしたてあげられている。 周囲の、疑うことに慣れていない、特におっちょこちょいなオトコたちは、あっさりと信じるんだ、これが。はい…

信じてはイケナイ 2

昼にTVをつけたら、NHKの「時空タイムズ編集部」という番組のしっぽだけを観る結果となった。 マヤ文明の文字についての内容だった。 再放送らしい。 (最近のBSはコマメな再放送が多い)ついでに書くと、番組内の「古代マヤの人々は温厚で戦争は好まずと思…

『M!』を観た

ミュージカルを観て、一晩たっても幸せであることも。 幸せでいられる自分であることも。 すごくウレシイ。 羽にくすぐられているような、幸せ。実は昨日は昼過ぎから、わくわくしていたはずの胃がひどくむかむかとし始めて(朝食の消化不良?)、夕方の電車…

ゴッホ展

六本木でやってる『ゴッホ展』に行ってきた。 いつの間にかわたしはウカツにも「行くよね」にウンと応えていたらしく、友人デジとごっちゃんと一緒。 何がウカツって、美術館に行ったらわたしは連れなど放り出して自分のペースでうろつくに決まってて、失礼…

ジュリー!

TVで、RAG FAIR が ジュリー の懐かしい歌を歌っていたのがステキで、RAG FAIR とジュリーのCDを買う。RAG FAIRは、「平成のクレイジーキャッツ」がウリだっけ?ミュージカルの上等なアンサンブルを聴いてるみたいな気がする。 違うな、ミュージカルのアンサ…

映画『プロデューサーズ』

ミュージカルのプロット分解。 ふたつめは『プロデューサーズ』もっとも、うっかりしたことに舞台で見ていない。 評判がよかったのに、観そびれた。いのっちサンと長野さんでやったんだっけか。 ウーラは誰だ? 日本人に出来たのか?みほさんとミュージカル…

チョコレート

そういえば。 用があって父に電話をかけ、話題の最後に突然、「ロシアのチョコレートってマズいな。 食べられない」と、ばっさり言われる。はい、もちろん、わたしが送ったロシア土産のことです。 そりゃ、日本やベルギーとかのに比べればさぁ。 「にしても…

映画『第9地区』と『オペラ座の怪人』

去年の夏の映画なので、観てる人は観てると思うけど。移民テーマの流れで、『第9地区』というドキュメンタリータッチのSF映画を観ました。 怖 かった。 す ご く。気がついたら、床に座り、両腕で自分を抱きしめたまま、固まってた。何が怖いってそりゃ、い…

ぐるぐる

生活が引きこもっているほどではないはずなのだけれど、自分の中でのみの価値観ががりがりと変化しているのか、ぐるぐるとまわっているだけなのかがよく認識できないでいるあたりが、引きこもりな気分にさせる。いろんな分野の情報がめちゃぐちゃぐちゃにな…

まばたき

美少女現役高校生とデート♪ミュージカル観劇後、オムライス+パフェ、楽しくがんばって食べた。 高校生と、だ。 おなかいっぱい。 まだ、苦しい。 人間に戻れない。 ミュージカルはステージシート。目の前に鹿賀さんの背中。 きゃー。 背中。 きゃー。 待ちに…

危ないくらいに便利

(芝居のテーマとして)ワーキング・プアについて考えているうちに、移民受け入れ政策についても考えなければ意味がないことに気付き、昨日今日、ようやく自分の時間を取り戻して、少し我に返り。どうやって勉強すればいいんだ?と、絶望的な気分になる。 経…

好きということ

窓を開けると金木犀が匂うね。 昨日は1日、フヌケてました。 ん、今日の夜のご褒美までフヌケてる予定。イベントとしては今日は恋人のバースディなんだが、わたしのご褒美!(ということでお願いします)夕べや今朝はTVドラマや買ってそのままだったキムさ…

しくしくしくしく

ツヤコさんの芝居の 初日 開きました。 [E:crying]自分のときより、大変だった気がする。 そりゃ、わたしのときは、けーすけクンにおんぶに抱っこだったし、みゆにもひと仕事を丸投げだったし。余るほど大勢の友人たちが、手伝ってくれたから。何より、バラ…

わくわく

お稽古場とはいつだって愛しさを感じる場所だと思うけれど、今回、宣材と小道具のお手伝いをしているだけなのに、とてもとても愛しい。稽古場にいけない日が、とても寂しい。 (公演が終わったらどうしよう)演劇するというおもしろさが、稽古場に立ち上がって…

『タイタス・アンドロニカス』を観た

2010.9.11. 14:00〜 アサヒ・スクエア ツアーに組み込まれた至れり尽くせりの旅行は、旅という違和感が少なくて。 それでもロシアから返った直後、日本の持ついろんな「うそ臭さ」「うすっぺらさ」みたいな感覚にはとまどった。 生活の中、すぐに消えたけど…

『現代能楽集チェーホフ』を観た

劇場に続くエレベーターに並びながら、前に立つ美女がもしや?まさか?だけど?とじろじろしてたら、振り向かれた。 岐阜の友人 いとーじゅんこ たった。 前日から上京してたらしい。当日券を買ったはずだが、予約してあったかの女の隣の席でと言ったら、受…

ゼネレーション?

旅行から帰って写真の整理もできないまま、余韻にもひたれず、ツヤコさんの芝居の手伝いで日々が流れてます。どこかで時間を作って坂手さんの新作を観にいこうと思っていたのに、なかなか。チケットを取ってしまっておいたほうが、強制的に観にいけたのかな…

『オイディプス王』を観た

浅草の新名所。 建設中のタワーと魂のオブジェ。 あの金色の下が劇場です。2010.9.3. 14:00〜 アサヒスクエア / 山の手事情社明日は10+1.5時間、飛行機に乗るのになぁと思いつつ。だから旅行を挟んで時間を空けておいたのに、この劇団のお手伝いをしている…

『花と爆弾』

ツヤコさん主催の公演のお手伝い。なんとなく、稽古場に3日間、通ってしまった。この無根拠なわくわく感はなんだろうと思ったら、この間のミュージカルの稽古場は、完全オンナ所帯だったことを思い出す。礼儀正しい30歳の男子たち(含・演出家)は、みてき…

日本語は

日本語と音楽との相性の悪さというのは、ミュージカルでよく言われる言い方ですが、もしかしたら、そんなことはない!と最近、考えています。曲先で作られていても、英語やドイツ語が乗るべきメロディーには、日本語が乗りにくいだけで。日本語を意識した作…

『乙女の祈り』を観た

2010.8.16. 19:00〜 スズナリ石原燃から、今度こんな企画に参加するんだよと告げられたとき、スゴイじゃん!と驚く一方、自分の書いた言葉を渡辺えりサンがしゃべるというのはどういうことなんだろうと、とてもうらやましかった。若手の女流作家の書く短編4…

食い違う

感想は食い違うことについて、ついでに。先日キクコさんの芝居を観たあと、ちょーふと話していると。同じあたりに反応しながら、評価のマルバツが正反対で、おもしろいなーと思った。テキストはいかにも昔、芸術座あたりでやっていそうなタイプで、好みとし…

『エリザベート』を観た

2010.8.14. 12・30〜 / 8.15. 13・30〜 帝国劇場観終わって、ルドルフ役がよかったねえと連れに言ったら、え゛ー?と返される。声と気持ちの流れの持って行き方が上手と思ったけど、とわたし。それはそうだけど、あのダンスは致命的でしょう、と連れ。並ん…

勘ぐり

詳細説明が面倒で、つい「わたしの直感!」と言ってしまうことがおおいのだが、ようやく最近、自分の表層を引っかくささやかな違和感のことを指しているのだと気付いた。で、わたしの場合、その違和感にズルズルとストーリーが繋がってくるので、いよいよ面…

繰り返されてる・のか?

いつだったか、気まぐれに清春白樺美術館を訪れたとき、実はそれまで、「白樺派」について完全に無知で無関心だったのだが、ロダンやルオーの小品や、白樺派の文豪たちの原稿用紙を見ながらふと、日本人が芸術を、苦悩とか清貧とかという「ファッション」で…

映画『アバター』

今頃なんですが、映画の『アバター』を観ました。夜中に自宅でひとりDVDを観てしまったので、吼える相手がいない。ぅああああああっ。 なんなんだよ、この戦争映画っ!(悪役が軍隊(民間会社の?)でありながら、反戦ではなく。 チカラには別のチカラで対抗…

『ザ・キャラクター』を観た

2010.4.13. 19:00〜 東京芸術劇場野田秀樹さんのチケットなんて取れないのが当たりまえ!なんだって、今までチットモ努力してなかったのですが、ふと気付くとこれは当日券あり!でした。わたしはいそいそとe+のすぐチケで取ったので席が選べず、2階席でちょ…

『ひめゆり』を観た

2010.7.12. 18:30〜 シアター1010 / ミュージカル座実は内心、何を今さらこのテーマ?と思っていたのですが、若い世代には「ひめゆり」を知らないコたちもいるようで、日本人としての最低限の教養として伝えてもらわなければいけないのだなと。 何年かに1…

オルセー美術館展

TVの日曜美術館でちらりと特集を見て、きゃー! ルソーとモローとルドンの原画〜!? と興奮。あの絵? あの絵? あの絵も来てるの???オルセー美術館の改装期間ゆえ、この豪華で濃縮な夢のようなラインアップになったとか。テーマが「ポスト印象派」。素…

マスター !?

PC周辺機器についていたソフトを使って、なんとなく手探りでビデオ編集ができるようにはなっていたけれど、PC再生はできるけどTV再生ができないという中途半端な技術であることを忘れて。「いいよ。 わたしがやっとく!」と編集を引き受けちゃった。作業をし…

稽古見学

ミュージカル講座で知り合った方たちの、区民ミュージカル団体のお稽古を見学。いと、わくわく。WSに入りますか?入りましょうよ!と誘っていただいたのだが、ご辞退。一緒にWSしてしまうと、イッパイになって、見るべきコトを見落としかねないの。港区、ス…

夕べ観た芝居は

戯曲の誤読は権利だ、と言うけれど。それは本来のよさを超えたときにだけ言えるわけで、外したときには非常な冒涜でしかないと思う。鏡花の『外科室』、あの前半は究極の心中。 一瞬の永遠。 至福。だと思うんですけどねぇ。 あとは、オカズよっ。 オカズを…

『キャンディード』を観た

2010.6.10. 13:00〜 帝国劇場この作品との出会いも30年ほど前の、1枚のCD。クラシック好きの弟から「舞台にできないと言われてるバーンスタインのミュージカル」みたいな説明でわたされた。 当時の感想は、うーん。 オーバーチュアは大好きだケドね、テンテ…

TVで『WSS』を観た

1ヶ月ほど前、朝日新聞とサイトに、恥ずかしくなるほど頭の悪い某作の映画評が載り(署名記事だが、チェック機能がないデスクってのも教養レベルが低すぎる)、引き合いに出された映画の『ウエストサイド物語』を観たいと思っていたら、ちゃんとNHK-BSが放映…

『W★赤』 創作ノート

今回ご一緒したむっちゃん先生に教わった即効性のノド手当ては「もずく酢」。 ぬるぬるがよろしいとのことで、小屋入りしてからもおかあさんスタッフが買いに走ったりしてました。うちの冷蔵庫にもなんとなく買い置き。 ついでにわたしも食べたくなるので。…

『スリー・カップス・オブ・ティー』を読む

失職を機にこのまま隠居しようかな〜とか口走ると、だいたいの友人らに怒られるのだが。べったりと時間を無視して本を読む幸せは、変えがたい。(んで、隠居してどーすんの!と言われるんだが、だから、芝居を

ピュア

あげんがピュアなのは知ってたけど、つくづくピュアだよねぇ。と、何人かに言われました。 『W★赤ずきんちゃん』の感想として。うーん。否定されてはいないけど、褒めてるようにも聞こえないのは、どうしてだろう。 ズルいのは嫌い。 他人を大切にする。 確…