読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

今年最後の「M.A」

「(今日の舞台)どうだった?」って若干1名の聞きたがりクンが、感想文を待っているのはわかっていたのだけれど、……つぶれてそれどころじゃなかった。 昨日は昼間から具合が悪く、ひとりで作業をしながら意識が途切れて机に倒れてたりしたんだけれど、ここ…

「M.A」 ペアペア

2006/12/2 12・00〜/17・30〜 帝国劇場観ましたよ。 ヘビーな革命劇をマチ・ソワで。1日が、それだけのためにあった。 ほかの事、何もできなかった。……ま、たまには、いっか。 え? 感想? うふふふふっ。 幸せでしたぁ。まず第一に。芝居を観て…

「M.A」 アニエス=日本人の良心

06/11/26 17・30〜 帝国劇場以前観ていた時、お隣の席のミーハーらしいおばさま(顔はみませんでした)がため息をついた。 「ホント、きれいよね〜」 そのことがずっと、気になっていた。土居さん、もちろんキレイです。 清楚な歌もすばらしいです。…

「M.A」 ラブリー・アントワネット

2006/11/19 12・00〜 帝国劇場帰り道、雨に降られて、黒いウールのショール(全面、花の刺繍入り)をフードのようにすっぽり被って歩く。 ふーん、やっぱり見えてんだ。 黒いフードごしに風景が。今日の席は、音がよく聞こえて。 とたんに歌に陰影が出てきて…

「M.A」 カリオストロのスタンス

編集061115 2006/11/14 18・00〜 帝国劇場「M・A」 おととい観たんだよね? うるさい。 完全に無計画なチケットの買い方をしたの。 だから今日はカリオくんの授業参観。 偽カリオくんまでうっとり見てたわ。 あれは誰? 指の真似ッコ、うまいよね。 舞台の…

「↓杜子春↑」を観た

2006/11/11 14・00〜 シアターグリーンワークショップで一緒のrinが、演出助手として参加したということで。 目下、劇作模索中のmoyuとわたしのテーマのひとつが、コロスである。 参考になるかも、と。rinは自分でも小さな劇団を持っている。 演出・脚本・出…

「M.A」を観た

2006/11/12 17・30〜 帝国劇場帝劇にミュージカルを観にいったはずなのだが……。 新国で新劇を観てきたって気分です。 帰りの電車で、閉じたまぶたのふちにずっと涙がたまっていた。 泣いていたのではない。 重さに打ちのめされて。 もう二度と、同じ重さで「…

「孤独の惑星」を観た

2006/11/5 14・00〜 劇場MOMOスタニスワフ・レムの「ソラリス」の舞台化です。わたしはたぶん、20年以上前にTVで放映された映画の短縮版を見たきりなので、超基本設定しか記憶になく。 特に後半は、年をくった分、重くテーマをつきつけられて、とても楽し…

「チック,チック...ブーン」を観た

2006/11/3 18・00〜 SePTここずっと、数々の観たい芝居を逃し続けていたけれど、美しい十三夜の夕方、ようやく劇場のひとつにたどり着く。 当日券で、ぽつりとわたしを待っていた席は前から7番目のド・センター。観たかったのは、実は主演の山本…

「エゴイスト」 リーディング

昨日、ワークショップで、プロの役者さんたちに自作をリーディングしていただきました。 感想? 「よく覚えてない……」当日の朝、それはもう、どきどき。 自分はこんなに自意識が高かったのかと、苦笑いもひきつる。 ため息ついたり何度もトイレに行ったり。…

「エゴイスト」 アテ書き……?

夕べというか、今朝というか、(3時です)脱稿、メンバーに一斉メールしました。 半分寝ながら迎えた3時ですから、脳ミソはうにで、神経はランニングハイ。 何を書いてしまったものやら、これから再読するのがコワイような、……楽しみなような。 (物書きっ…

「緑の指」 を観た

(ふと気付くと、今日わたしは東京に、大きな円を描いていた。 自宅→渋谷→秋葉原(会社)/御徒町(会社の別部署)→池袋(劇場)→渋谷→自宅 山の手線でグルリと一周。 オメデトウ♪)「夢ノかたち」 第二部「緑の指」 2006/10/5 19・30〜 シアターグリーン/…

「書く女」のゲネを観た

2006/10/1 夕方 SePTというわけで、師匠にくっついて公開ゲネプロを拝見しました。 だから悪口は書けません。 いえいえ、端正な、いいオ芝居でしたので、もともと悪口ナンテないんですが。寺島しのぶさん、ステキですねえ。 昔、エレクトラを観ておおおおっ…

「エゴイスト」 個別講評

昨日日曜日、ワークショップの個別講評があった。 場所は三茶のパスタやさんのテーブル。 不届きにも飲み物だけを頼んで。いえね、少し落ち着いたら何か食べようとか言っていたんだけれど、3時間近く話が途切れず(1回トイレ休憩あり)、最初のオーダーのみ…

JC=S ロンドン公演を聴く

前の項だかで、MDでミュージカルの公演を録音するなんて?とかってホザきましたが、……このたび購入されたMDくんの初仕事は、うんっと過去のミュージカルの、こっそり録音の再生だったのでした。 笑笑っ。 舌、乾いちゃったもん。91/09/28、ドミニオンシアタ…

こんな夢を見た/ミワ編

寝たいだけ寝よう……と、夕べから13時間ちょっとベッドの中。朝の7時頃からは、夢を見ては目覚め、の繰り返しで。最後にスペシャルな夢を見た。いろんなわけのわからないシチュエーション(夢ですから)を経て、薄暗く古びたバーに何故かフジワラタツヤく…

「エゴイスト」について

リーディングの日が決定。キャストについては、師匠の胸の中。 主人公の青磁(せいじ)はワークショップ・メンバーの中にいるやや年嵩の役者さんのうち、どっちがいい?とか訊かれる。 役者さんとしては、どちらもお気に入り♪ Aさんは端正な正統派で、役に近…

リーディング「言えない男」

(美容院から、ただいま。 部分ストパも入れて2時間半かかった。 体力派のアシストくんが念入りにマッサージしてくれたので、首・肩がほぐれて少しぼやーっとしてます。 エクステ、秋色にしました。 これから会う人、お楽しみに)昨日の劇作ワークショップ…

「プライベート・ライブス」を観た

2006.9.9 14・00〜 青山円形劇場お芝居っていいなあ、帰り道、何度も思った。 大口あけて、涙をびしょびしょに流して、笑いっぱなしだった。 それも上質な笑い。 妥協のない仕事場に、同席させていただいた快感とても言おうか。 欠点だらけの人間への深い愛…

「群青の空に鳴け、手負いの雌鳥」を観た

2006.9.3. 14・00〜 麻布 die pratze /青果鹿劇作家さんと出演されてる役者さん3人と、劇作のワークショップでご一緒しているご縁なのですが、いいなあ、こういう戯曲。 わたしも書きたい。 最後のほう、特にすごくて、ぞくぞくしました。 男たちって、破…

日常に戻る

8月が終わろうとしている。 日差しのドギツサが薄れてきた。思いがけずに意識と生活を振り回された舞台も、ラクを向かえた。 (お疲れ様です)気がつくと、時間だけが過ぎている。 夏は苦手で、いつも以上に、たいしたことが出来ないはずの自分のペースも忘…

虹の彼方に

「ねえ、心に残る歌って、あります? 普通は……」うん、あるよ。黙 黙 黙 黙 黙 (不思議な間)もしかしたら、話の続きを待ってる?「はいっ」すごく古いミュージカル映画で『オズの魔法使い』ってのがあってね、その中に『虹の彼方に』、『オーバー・ザ・レ…

少年犯罪関連 を読んだ

劇作のテーマめがけて本を読む。□14階段 /新潟少女監禁事件のルポ貸してくれたkunちゃんが、ライターの年齢を差し引いて読んでね、と。若いこともあるし、たぶんこの本で賞取りを目指しているのと、テーマが微妙な問題なのとで、必要以上に正論と姿勢を振り…

価値観

おもしろい本を読めば、薦めたくなる。幸せのおすそ分けみたいな気持ちで、薦めてきた。ところが、ホントに人というのは、さまざまで。「シャドーダイバー」潜水夫が沈没船を探索するノンフィクション。どきどきして読み終わるまで、お尻と椅子が離れなかっ…

リアリティ

お話を編むということは、何もないゼロから、いかに自分が伝えたいことをうまい具合にひとつの形として表現するかということだと思うけれど、では何をベースにして立ち上げていくかというと、結局、自分の日常のあれこれの寄せ集めなのだと思う。だが、ひと…

移りゆく 感性

困ったことになった……(のかな)……「バッテリー」という、ベストセラーのシリーズの最新文庫本である「?」を貸してもらった。今までの4冊、すっごくわくわくして、それはおもしろく読んでたのに。……うそ臭い……素直に読めない自分が、イヤだ。イヤだが、これ…

「正しい海賊の作り方」を観た

起きると、まぶしい夏の日差し! イタリアの日差しも、きっとこんなだと思い込む。ただし空気は乾いてるの。そして……って、イタリア、行ったことないんですけれどね。気分は最高、なのだが、膝がたよりない。肩が重い。風邪ひいたのかなと思っても、絶対に熱…

神戸連続児童殺傷事件 関連 を読んだ 2

アマゾンで本を選んでいると、関連書の紹介が並ぶでしょ。それだけを頼りに、なんとなく一抱えの本を買い、なんとなくの順番で読んだのだが、かなり正解の選択と流れだった気がする。(以下、読んだ順番に)□「少年A」この子を生んで…… /犯人の両親の手記 …

「Antique 〜時をとめた少女達〜」を観た

2006/8/4 サンモールスタジオ /Pretty Pink PrincessP.P.P.という劇団名、そのもののキュートでファンタジーな舞台なのでした。だいたいちらしが、タイトルより劇団名の字の方がデカい。これは作品がどうこう以前に、たぶん、「プリティ・ピンク・プリンセ…

神戸連続児童殺傷事件 関連 を読んだ 1

劇作の資料として、少年犯罪をひとつ選んだ。少し前、友人と交わしたのは、最近の犯人の感覚はもう、ホントウに何を考えているかわからないね、と。サカキバラあたりなら、まだ理解の範疇だったのにね、と。だったら、犯罪心理の入り口は、サカキバラかな? …

チケットの買い方

今さらですが、みなさんは、どうやってチケットを買っているの? お盆に上京する友人がTVDを観るというので、チケットを買うことにした。が……。ネットはどこも、売り切れ扱い。テレザーブは、電話がつながらない。なのでさっき、帝劇の窓口まで買いに行って…

夢 そして 吸血鬼

□ 昨日見た夢の自己分析わたしはこの1週間ほど「神戸連続児童殺傷事件」関連の本を、犯人の少年と周囲の人たちの距離感を計るように読んでいたのでした。乱暴な言い方をすると、少年に蓄積された心の闇に、甘やかすのではなく、どこかでぷすりとガス抜きを…

「糸地獄2006」を観た

2006/7/29 14:00 〜 シアタートラムわたしの書きたい芝居の方向が、どうやら幻想劇という括りらしいという時点で、師匠から必読と言われたうちの1冊が岸田理生の「糸地獄」。言葉やイメージがあンまりにど真ん中の好みで、息を呑みました。(わたしはもう少…

「恍惚の人」を観た

2006/7/29 東京芸術劇場 小ホール2 /劇団東宝現代劇75人の会師匠がときどき、「客席全部が泣いているのに、オレだけドン引き」という言い方をするのだが、……わたしにとって、この舞台がそうだった。あらら。友人から又聞きしたこの劇団の脚本募集に応募した…

構想を語る

戯曲の構想を考えているとき、内容を人に話したことがほとんどなかった。自分だけでじっくりたっぷりしっぽりイメージを重ねるのが、好き。自分だけの世界を、自分だけで煮詰めて、漉して、味わう。幸せ〜。土曜日、芝居を観た後、劇作の友人とお茶をしなが…

音楽劇「風を見た少年」を観た

2006.7.22 13:30〜 東京都児童会館ホール/劇団あとむうわあっ、こんな舞台もあるのかあ! びっくりしました。 C.W.ニコル原作の長編ファンタジーが、(原作をよんでいないけれど)隅から隅まで(たぶん)表現されている……。どう説明しよう。人形劇と、パン…

ブラピ +2本

友人の置いていったDVDコレクションから、「Mr. & Mrs. Smith」と「リバー・ランズ・スルー・イット」を観る。「Mr. & Mrs. Smith」 超娯楽大作で、かなりおもしろかった! ちょっと前なら他の役者がやったであろうこの役を、そう、ブラピがやるのかぁと、感…

「こども劇場2006 雪の女王」を観た

2006.7.16 14・00〜 SePTイタリアの女性演出家による、ちょっと実験的な舞台。ストーリィをなぞってはいるが、ちゃんと説明されるわけではない。子どもたちはアンデルセンの童話ではなく、ダンスやマイムや声による「演劇空間」を愉しむことになる。ずいぶ…

ブラピ 3連発

友人が、あげん家の大きなTVで観たいと言って、ブラピの映画鑑賞会。思った以上に、人数集まらず。ブラピ、人気ないのか、わたしの周辺。「トロイ」「レジェンド・オブ・フォール」「オーシャンズ12」の3本、食べながら飲みながら、くっちゃべりながら、観る…

自分のスタイル

少し、自分を振り返ってみよう。劇作をするときの「自分のスタイル」を手に入れた気がする昨今である。たぶん、もう迷わないと思う。……長い道だった。某東宝戯曲アカデミーでは、基本的に「芸術座」をイメージした作品を求められた。(まあ、わたしの参加し…

1行ずつ

先日の勉強会で、師匠がいいました。その1作のためにまず、「創作ノート」をつくるといいよ。うん、わたしもつくります。思いついたことは何でも、そこに書き込む。せりふでも、キーワードでも、シーンの描写でも。あらすじも、繰り返し、書く。かけなくな…

書く 容量

戯曲公募/AAF戯曲賞に応募。今度は締め切りを確認、確認。 → (ああ、恥ずかし……)近松賞に応募規定(80枚程度以上)に大幅に足りないので、50枚をとりあえず70枚まで増やす。同じモチーフを、何度も書き直し練り直し設定しなおしているので、眠ったままの…

「アンデルセン・プロジェクト」を観た

2006/7/4 19・00〜 SePT あげんのオススメ度 ☆☆☆☆★終演後の周囲の声が、「カッコイイな」と「わかんない」。両方とも若い男の声だったことが、ちょっと興味深い。観る側のフトコロの深さを選ぶのかもしれない。近くの席に座っていた、大声で頭の悪そうな演劇…

締め切りを間違えた……

笑ってくださって、いいです。今週、「近松賞」に応募したんですが、……締め切りを一年間、間違えておりました。来年だって……。だったらこの6月に、ご応募ください案内なんかを送ってこないでよぉ、尼崎市。そりゃ、ちゃんと読まなかったのはわたしですけど。…

戯曲塾に参加

戯曲の書き方を学ぼうと思ったら、どうします?1 とりあえず、わからないままに書く。書き上げる。う〜。知らん顔しようにも、自分以外もその原稿を持ってる(はずの)人がいる以上、超赤面ものでも、書きましたというしかないワ。2 劇団の文芸部の方を紹介…

本の貸し借り

「早く早く、帰んなきゃ」などとつぶやきながら仕事を片付けていく。携帯メールに友人から、宅急便を20-21時指定で送ったとあった。「あ、買い物……だめだめ明日」「ダ・ヴィンチ・コード」に「シャドー・ダイバー」、おもしろい本を立て続けに貸したら、じゃ…

「神童(全4巻)」を読んだ

by さそうあきら 双葉社あげんのオススメ度 ☆☆☆☆☆ (コミックです)最近のまんがには、「のだめカンタービレ」とか「ピアノの森」とか音楽家を描いた秀作がいくつかあるけれど、この作品がスゴイのは、「音楽」とか「音」の本質を、読者の感性に深く響かせて…

越路吹雪の特集 / NHK-BS2

カテゴリを悩んで、結局「映像」ということでひとくくりに。そういえば、友人2人にそれぞれ、あげんン家で上映会をしたいと言われてて(夕べ書いたように、テレビがでかい。画像も美麗)、最近映画(レンタル・TV放映も含めて)を全然みていないと気づいた。…

「ミー&マイガール」を観た

2006.6.6. 18・30〜 帝国劇場あげんのオススメ度 ☆☆☆☆☆ その日の仕事に、あまりにくたびれ果てて、「先に帰りまーす」 終業時間の6時きっかりにタイムカードを押した。押したとたん、思いついた。このまま帝劇に向かうと、6時半からの舞台が観れるのかな? …

おとなの愉しみ

20年ほどむかし、某劇団四季に、強面・大男の営業本部長がいた。どのくらい強面かというと、暴力団の闘争が緊張していた関西で、タクシーから降り、数10メートル歩いたら、街角ごとに立っていた組員が頭をさげて挨拶した(幹部と間違えたらしい)というエピ…