あとりえあげん

世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

[ブログ版] 世田谷区三軒茶屋で隠居してます。ときどき劇作家。 HPはコチラ http://agen.web.fc2.com/

買い物

二日続けてデパ地下で手土産を買いました。店員さんがあらっという表情をしてらしたのは気のせいか?

だいたい自分が食べたいからそのお菓子を選んでいるのに、合計三箱も買ったのに、一個も自分の口に入ってないって、理不尽だぁ! だぁだぁだぁ(エコー)

こりゃ、自分のためにも早急に買うしかないわな。今、決心したぃ。

 

 

帰り道。地元のハナマサ(スーパー)でお買いもの。店員さんになんだかめちゃくちゃご親切にされてしまった、本日。

ありゃ? えーと??

いよいよシルバーエイジに突入なのか? なのかなのかなのかぁ(エコー)

 

 

 

日々はこうして悩ましく過ぎていく。

 

 

 

『ノートルダムの鐘』

観た芝居の感想をブログに書きづらくなったのは、今の時代、正直に辛口なことを書いたのが勝手に無責任な一人歩きをする可能性が怖いのもあります。

f:id:atelier-agen:20170401124210j:plain

今回も、この写真を貼るだけでタイトルはぼかそうかと思ってたけど。誠実に立ち向かう気持ちで、書く。

 

終演後に人待ちでポスターを眺めていたら、「ビクトル・ユゴーのノベルとディズニーフィルムをベースにした」という一行に気づきました。なるほど。ミュージカルの舞台版は、そこからさらに進化して第三の新しいアートとして立ち上がっています。

ネタばれにならないように書くと、日本語訳のタイトルからはずされている『せむし男』の部分の解釈の比重が大きく、そこが肝心で、感動的なのです。

パフォーマンスアートの威力を存分に発揮した演出になっている(そして音響効果で計画的に補強されている)のですが、そこに泣かされて、観終わったわたしが最初に叫んだ言葉が「あのシーンはズルイ!」 友人苦笑。

ところでわたしは演出家の持つメッセージに泣かされたのであって、役者のからだに感動したわけじゃないからね。演じる側はそこを勘違いしてほしくないです。

 

聞きかじった情報によると、作曲家さんの息子さんが演出されているそうです。全編、実に演劇的でシックな発想がステキ。日本の演劇でいったら野田さんえりさん好みの、そぎ落とされた見立てや切り替えの多用。

そしてストーリーとは別に、社会に、人としてのあり方に、演劇レベルの深いメッセージを発信しているという意味で、これもまた新しいジャンルの社会派ミュージカルになっています。(『貴婦人の訪問』など、わたしは社会派のダークファンタジーという新しいジャンルの台頭を感じていますよ)

説明台詞が多いのは、子どもたちに対する親切だと解釈しました。この方法論がありなのかありえないのかは、ただいま検討中。なにしろ昨日の舞台では役者たちの処理が下手すぎて、判断しかねる。――

 

 

ほんとにね。わたしは観劇中ずっと、お願いだからわたしを感動させて! この素晴らしい世界感にちゃんと引き込んで! 連れていって! と心の声で叫んでました。

自分の中で、ほんとうはここでこういう効果が発現するはず! だからそこはぁ! とか翻訳しながら、観てたの。

 

だから、とても残念でならない。

 

ダブル主演(って言い方でいいんだよね?)のカジモドとフロローが役割を果たしているから、舞台は成立しているけれど。

あとは、歌と舞台機構だけは超ハイレベルな学芸会か!と毒づきたい。

なによりもクワイアの上手半分! プレスコ頼みのやる気のないお飾りは全とっかえして。

 

 

劇団四季の台詞術は、不器用に朴訥に透明に積み上げていく先に言霊が降りてくるという醍醐味が目標のはずなのに、

みなさん、なんか妙な節回しというか、思い違いの暗闇にはまり込んでいますよ。思い違いに「これならとりあえず文句ないでしょ」レベルな満足をしているから、始末が悪い。

 

この劇団には今、リーディングアクター(もしくは理論)がいないんだな。と思う。

それは退団した役者を呼び戻せば復活する問題ではなく、半分は解決するかもしれないけれど、平成が終わろうとする今、台詞術の進歩は飛躍しているのに、誰もその勉強をしていないんだろうね。

役者たちがその迷路に陥っている責任がどこにあるかはともかく、劇団ぐるみで早く気づいて、勉強してほしいです。

 

日本の若い演出家を外から招いて、どれだけ任せられるか、なのかな。ほんとに、ちょっとした呼吸や気づきの問題なんだ。

 

 

 

さて、

わたしが観たかったのは、フロローを演じる友人マッシュの晴れ姿でした☆ 役作りの混迷も含めて、かっこよかった。かれの人間性が、フロローに幅のある深みを与えかけていました。この役は伸びしろがたくさんあるので、今後も期待だわ。

そして、なにがかっちょいい♪って、地毛の半白髪で勝負に出てるとこですよ。(あとからわたしをみて、そういえば同じくらいのお揃いだなw)わたしたちの世代って、ありのままにナンタラと歌うのが流行りながらも、ほぼ髪を染めてるからね。心意気って言いたいわ。

ちなみにフロローの最後は、初演の『レ・ミゼラブル』の「ジャベールの最後」に匹敵するシーンです。おおー。

  

カジモドは田中彰孝さんという方でした。イメージを裏切らない役づくり。かすれてさえ魅力になる声と、せつなさをやどしたからだがよかったです。

 

 

 

チケット取りづらいみたいだけど、来年はKAATで演るようだし、

演劇関係者のみなさん、一度観てね。

 

 

面会

(ブログ書くのも飽きたなぁと感じているのはもしかしたら――もしかしてこれは、年取った無気力無関心ってこと?と今朝は思いつき(ヤバイ!)。頑張ってでも書いたほうがいいのかな、とか。や、四月莫迦じゃなくてね)

 

昨今は「面会」という言い方をするらしい。

ここのところなりゆきで、友人の出ている芝居のチケットをとってもらい、終演後手土産をもってバックヤードに挨拶に行くことが続いている。なんか役者関係者ヅラするのが自分的に好みでないのだけれど、関係者扱い?で良席をとってもらってるからね、まあ。

ありがとうございます、という素直な気持ちで。

わたしのように、突っ込んだ褒め方や感想をぶつける観客は希少だろうから、そこもお礼のうちということで。昨日会った(観た)友人は、うわ、そこを見破るか!と大笑いになりました。

 

で、まあ。

それに前後して、芝居友だちとライングループでおしゃべりしてて、昔は劇団四季の終演後の日生劇場の楽屋、知り合いひとりいればわりと自由に出入りできてたよ~と言ったら驚かれた。そっか、今では考えられないわね。

(昨日はカーテンで仕切られた通路で文字通りの「面会」でした)

 

そのラインで会話中のときね、時系列の説明をするため記憶の断片をさぐるうち、祐一郎さんとのカケラが浮かび上がってきたんだよ。

最後の楽屋の記憶は、たぶん日下さんのハムレットの終演後で、狭い通路で菱谷さんに劇中で使ってたベレー帽のかぶり方バージョンの説明をしてもらってるとき、周囲をなぜか祐一郎さんがひとりでうろうろしていたな、と。

 

祐一郎さんって、デビューして数日の頃はじめてサインをもらったんだけれど(楽屋でだったと思う)、とても寡黙でらして(爆笑)ね。手を止め首を傾げるだけでわたしの名まえを訊ねたのでした。大学生だったわたしはその仕草にキュン死。

前任の鹿賀さんの大ファンだったのに、祐一郎さんのジーザスにも感銘をうけたわたしは、イラストにして(美大生です)公演後半にさしあげたのだけれど、そのときにはすでに明るくかっる~いおにいちゃんになってらして(場慣れが早い)、わたしの熱は一気にクールダウンしたのでした。あはは。

祐一郎さんの多重な内面の解体は、キャッツシアターで毎日顔を合わせるようになるまで待つわけですが。最初にキュン死した数日があったこと、忘れてたよ~ でも思い出したぁ。

 

 

わたしは劇団のお手伝いをするようになって、お稽古場やゲネをみせてもらうことが増えた代わりに楽屋にはいかなくなって、

 

昨日はそれ以来の劇団四季の終演後の「面会」だったのです。あーなつかし☆

 

くり

30年前のバイト仲間(!?)が出ている舞台を、そのときのバイト仲間と観に行きました!!

 

ちなみに。

世間的に正しい言い方は三谷幸喜さん作・演『不信』 atシアターイースト を観ました。で、

そしてバイトというのは、初代キャッツシアターのロビースタッフ。に、ときどき劇団研究生がお手伝いにきてくれてたので。

f:id:atelier-agen:20170325012809j:plain

去年の大河ドラマの「叔父上」で大評判になった栗原英雄くんです。

 

30年ぶりだもの。わたしの中の「くり」は、

同期の中で一番年下で、デビューがおそくて、本人はくやしくて、バイト休憩中のロビーでひとり黙々とダブルピルエットの練習をしてた少年。

デビューしてからは、

『人間になりたかった猫』のライオネル(タイトルロール)であり、

少しおとなになってからは『ハムレット』の王妃役の役者(へびの衣裳)とか、

 

だから。

去年の大河ドラマで見たときは、うあー年取ったなあ(おたがいさまw)でしたが。 

あれはホントウにステキな役で。(告白すると、わーわーこのシーン、この表情、祐一郎さんでも観たい! いいなあ! いい設定だなあ!と感じたおいしさ)

 

 

 

そして『不信』では、超ビッグネームのお三方相手の四人芝居で、

でも気負いのない自然なスタンスで、
色気もあり、笑いも呼び、説得力もあり、ブレず、

つまりめちゃくちゃいい役者、いい男になっていて。

 

わたしはなんともいえない感情に突き動かされてしまいました。

 

いい役者と新しく出会えることって、こんなにうれしいものなんだ。

 

 

 

次の舞台も観に行くね!と言ったら『パジャマゲーム』には、

あちわ姐さんやちひろちゃんやヘルヘルと、TdVファミリーが何人もご出演ではないですかっ! めちゃ楽しみ~☆なのでした。

 

 

『不信』も楽しみました。スタイリッシュで、皮肉で、おもしろくてやがて怖ろしきな展開。

段田さんと戸田さんは、さすがだなあ。

優香さんはいつもと全然違う雰囲気の役で。
あと発見しちゃった! たぶんこの方の背中から腰にかけてのフォルム、完全に完璧です。美しい~ だぶだぶの服の上からの印象だけどね、確信。

 

 

この芝居は三谷さんにとっても挑戦なのだと、くりから教わりました。

ヒトハコでなくて33場からなってるのもそうだし。あといろいろ。

 

 

 

 

あとね~

エクステつけてないわたしをみて、みほさん一言。「アーティスト感がうすれるわねぇ」

だそうです。

 

 

履歴書

ひょんなことから提出を求められ、昨夜は十年ぶりくらいに履歴書を書いた。

 

作業としては最終離職後の書き直しで、既成フォーマットを基にしたエクセルのオリジナル。先立つ面談のときの会話から、そうだよなあと西暦に書きなおす。就職目的ではないので、あれこれな活動もありのままに。

 

読み直して、ずいぶん自分らしいなと感じ、ちょっとうれしい。就職用に履歴書を書いていたころは、世間のフォーマットに当てはめた自分はこんなに狭くあいまいなのか?と首をかしげていた。これがわたし? うーん、わたしなんだろうけど???みたいな。

 

つまり今回は、十年前のわたしに「震災後のわたし」が書き加えられたわけだ。ミュージカル劇作、ボランティア、ワークショップ運営など。

ちょっと泣けた。この六年間わたしはこんなにも、わたしとして生きていたのか。知らなかったよ。

 

 

だいじょうぶ。もう少し頑張れるよ、自分。

 

 

そして春以降の新しいことにつながるのかは、まだわからない。